トウダウン…
が理解できません?
フェイスのトウとグリップ
は確かに長くなりますがその事でしょうか?
そしてそれが何で飛距離に?


こんなコメント頂きました。
まずは 距離に付いての認識から入ってみましょう。
まず 多くの誤解を生む ヘッドスピードです。
ヘッドスピードは 同じ条件なら
勿論速い方が良いのですが
数値だけ 速くしても意味がありません。
単純に同じスピードでも ロフトが異なれば
違う距離になる訳ですし
こするようなインパクト では
ボール荷重がヘッドに掛かり難いので
数値としてもヘッドスピードが上がり易いので
数値だけ 上げても無駄です。
次に 飛距離という事ですから
ドライバーの事を指しているのだと思いますが
飛距離と言うのは まず 限界値が有ります。
地面が凍っている、や 強い風が吹いている
などを 除けば ヘッド重量とヘッドスピード
そして その ロフト姿勢や入射角度によって
決まってしまい 物理限界到達点が発生します。
各人による打ち方の差を除けば
ロフト姿勢や入射角度はクラブの仕事ですから
残りの 「決まったヘッド重量とスピード」では
ここまでしか行かない というのが当然存在します。

そして プロも含めた 多くのゴルファーは
誰も その限界点に辿りつけていません。

ですから 認識として ゴルファーが飛距離を
増やす場合 伸ばす と言うよりも
ロスを減らす と考えた方が賢明でしょう。

伸ばす 増やす という観念では
ヘッド重量と言う安易な手立てはあります。
しかし ヘッドスピードに関しては
クラブの構造上 必要以上に上げれば
ロフトが増えやすくなってしまうので
本末転倒ですし
ヘッドスピードを上げれば 当然クラブの作る
不可抗力、そしてインパクト時の荷重まで増えます。
人間と言うモノを無視し 機械的に考えても
他を何も変えず ヘッドスピードを3ms
伸ばしても 距離は10ヤード程度しか 増えない…
そして その分 動作の敏速化
負荷の増大 そしてミスの確率 などを考慮すると
我々「おじさん」にとって やはり賢明な選択では
無いと思われます。

ロスを減らす
と言う意味では ロフトを寝かさない
というのは 非常に大きな要素です。

多分 ドライバーの動作のスピード加減 と
80ヤードのサンドウエッヂのショットのスピード加減は
かなり見たモノがある筈です。
クラブの性能差を除いても
距離が倍以上違うのは 単にロフトのせいなのです。

ですから ロフトを寝かす動き は
距離保全と言う意味での ヘッドスピードでは
補い切れません。

019A9s1s

ご自分でも体験があると思うのですが
現在 ドライバーが飛ばない状況で
頑張って ここ一番飛ばそう として
振ると 多くがスライス ハイボールに
なるか それを防ぐ為の引っかけになる筈です

飛ばないけれどフックボールの多い ゴルファーが
余り存在しないのは
フック スライス の方が関心が行き易く
それに 必ず 高い低いが付いてくるのと
見落としがちなだけです。
重要なのは スライスはハイボールが多く
フックボールは低い球が多い
そう、ロフトの問題です。

自分でロフトを打っている人の場合
ヘッド自体のロフトを1度2度替えても
あまり 効果が出ないケースが多いのです。
そこにも 距離ゲインのヒントが隠れています。

そして 問題のトゥダウンですが
クラブ全体がある進行方向に動いていて
そのベクトルに近似値な方向にボールを飛ばす
この場合 クラブ単体が動いているベクトルに
ヘッドの回転が入ると
そのベクトルは大きく立体に異なるため
双方になしがしかの 影響を与えます。
フェースが開いている場合は
フェース単体に掛かる重力や遠心力が
クラブの進行の負荷 となりますし
フェースが閉じている場合
遠心力はクラブの進行の手伝いになるかも
しれませんが クラブの動いているベクトル
とは異なりますので やはり 目的に対しては
負荷になってしまいます。

更にです
ボールの質量と言う負荷が掛かるのが
クラブの軸線上であれば その負荷は
ベクトルのエネルギーとの比較的 単純な
相殺となりますが(重量とスピード)
その軸線上から外れたフェース面に当たれば
かなり複雑に 色々立体な運動ベクトルが
発生し クラブ自体が動いているベクトルに
対し より多くの複雑な妨げとなってしまいます。

どちらが飛ぶと思いますか?

トゥダウン により クラブが長くなることは
飛ばすコトに直接的には関係ありませんが
逆に 届かなくて 人間の動作により
届かせれば ロフトが開きますから
そこで ロスしますし
打点が 運動のベクトルより ずれている
俗にいう オフセット衝突は
運動のベクトルそのものを妨げるので
これも ロスします。

分かりましたでしょうか・・・