http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1292847.html
の続き です

コメントを読ませていただくと
相当 予習されていらっしゃるし
かなりの理解力も感じられます。

ただし 文章や画像でお伝えできることには
限界があり、すべての印刷し
繰り返し予習されて来店される方でも
実際の スウィングやレクチャーを受けると
衝撃を覚えられるようで
想像以上 というか 想像外生物
なのだと思います。

ハミングバードでは クラブと言う側面から
徹底的に 簡素に 簡略化した 動き
動きと呼べない程のモノで
 すべてクラブ任せにする
というのを目標にしています。

昔から
 スウィングはクラブ「からしか」学べない
と思っていますし 僕の立場は
単に 使い手とクラブの仲人 というか
道先案内のガイド 程度の役割で
重いヘッドの 柔らかいシャフトのクラブ無くして
何も ひとに伝えることは出来ない
と思っています。

ヘッドに重さ シャフトに柔らかさ 
 がしっかりとあれば
始めはうまく行かなくとも
スウィング中の重さの変化を感じられるようになり
上手く打てた時は ここで軽かった とか
ミスした時は ここでこんなに重くなった
のように 結果と感覚が伴うようになってきます。

スウィング は所詮 色々な重さ
によって 作られている・・・
動かされている訳で(受け身)
緊張し 高揚する コースで
スウィングの手順 などと言うまやかし
基本的には通用しません。
練習で クラブの重さのベクトルを感じ取り
そのベクトル そしてボールの飛ぶ方向を
結び付け、それを「阻害」しないよう
訓練する → それが練習であり
体の動きを訓練しても
それは あくまでも 練習場でのみ通用する
練習の為の練習になってしまいがち です。

無理やり 強引に クラブを思い通りに
動かそうとしても 重くて 柔らかいので
言う事を全然聞いてくれませんし
自分で無理やり 動かしても
自分の動きよりも ワンテンポ遅く 動きます。

BlogPaint

勿論 論外ですが
肩周りの動き… 腕でクラブを横に振るような
そんな動きでは 一般の 軽い硬いクラブよりも
より大きな負荷が掛かりますし
ロフトの寝かた ヘッドの下へのふくらみ方も
半端ではないので
ドドドドドド スライスになるか
ドドドドドド ダフリになるか
ドライバーであっても ロフトが寝すぎて
かすったような球で ヒョロヒョロと舞うように
飛ぶ(飛ばない)球になってしまい
悶絶している方の中には
 ドライバー飛距離160ヤード
なんてのも 冗談でなく いらっしゃると思います。

では逆に 鼓笛隊打法を
市販のクラブで行うとどうなるか…

多分 飛ばない と思います。

しなりもないので ロフトも立ち難い ですし
ヘッド重量もないので
破壊力不足・・・
スピードを不自然に上げれば
より ロフトが開きますから 飛びません。

読者の方より コメントも頂きましたが
トゥダウンが無いので 下に振る也
地面やボールに近づく動作を加えないと
ボールとヘッドが接触してくれません。
しかし その動作は ボールに当たっても
今度は ロフトの開きによる スライスや
バンスの地面との接触 など
また 別な問題を生みます。


弊社のクラブでなくとも
ヘッドの重さ シャフトの柔らかさ
が あれば なんとかなるとは思いますが
一般の方が考えられる 重さ 柔らかさ
と ハミングバードが考える 重さ 柔らかさ
は 桁が違うと言うか(数値の桁じゃないですよ)
 大きく差があると思うのです。

弊社のお客様でなく
当ブログをお読みになり
何かのヒントを得られた方はいらっしゃるとは
思うのですが それはあくまでも
自分の従来のスウィングに
なにがしかのエッセンスを加えただけで
塩を一振りしたのに相当するでしょう。

硬い・軽い系の市販のクラブの場合
殆どのショットの動作を儀式として
反復運動にて 外部からの何の情報もなく
(クラブからくる情報と言う意味で)
自分の脊髄や体に覚え込ませなければ
なりません。
ここまでは 納得出来るのですが
問題なのは ナンノ外部センサーも
使えないので 覚えてからも
反復練習を続けなければなりません。
その動作の多くは 体の関節部の
ちょっと無理な稼働域を使っているためと
その動きには量とスピードが必要なため
出来る 年齢や運動性能が
限られています。


モノを販売し、お金を貰う側が言うのも
失礼なのですが
スウィング理論や新しいクラブを
探し続け 彷徨い続けるのが楽しい方 は
別として ハミングバードのクラブと
付き合えば ゴルフクラブはおろか
ゴルフ雑誌やゴルフ番組にも
みなさん 興味を抱かなくなります。
そういう意味で 長い時間では
経済的 とも言えるわけですから
少ない本数でも創られ 始められては?
としか アドバイスのしようがありません。

弊社のクラブを使い 悶絶されている限り
そして その方が求められる限り
僕はお手伝いします。
遠方という事ですから 毎度レッスン
とは行きませんが 悶絶クラブを持つのと
持たないのでは 当ブログも動画も
理解度が全く異なります。 断言しますよ。
また 機会があり ご来店され
僕からレクチャーを受ければ
スウィングは動作 ではなく
重さに対する対処や反応 だと
理解出来易くなると思います。
如何でしょうか? ご検討下さい

〒238-0024
 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ハミングバードスポルテ  店主 野澤
 046-804-1480  804-2442(FAX)
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

 営業時間午前10時〜午後8時
 水曜日定休


お店へのアクセス
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1292014.html