まだ 良く当たりませんが
左打ちをしていると
本当に実感するんです。

私は 一番簡単なクラブの扱い方を
右で ですが 知っています。
練習量や そこに到達するまでの時間や
労力、そして一回のショットに使う運動
それを維持していくだけの練習時間 球数
それを行う事による 体への負担
負担が多いのに 
 練習は不可欠 というジレンマ
それらを総合して
「鼓笛隊打法」ほど 効率がよく
初めて から覚えれば こんな簡単な方法は
無いと断言出来ます
正直には 限りなく インチキに近いと思います。

しかし 普通のゴルファーは
そんな方法 知りませんし
 当然 思いもつかないでしょう
目で見える ゴルフスウィングと
余りにかけ離れていますし
当たり前 と思われている
言われてきた ゴルフの常識 とは
全く異なるもの と言えるのですから。

で 目に見える ヘッドを振る
 スウィングで ボールを打とうとする
この むずかしさ たるや
僕はすでにギブアップしています

008

一般論のスウィングで言うと
特にダウンスウィングでは
まず 体 特に腰を回して
そして 腕を振ります

体重移動みたいなモノは
どこか 後付け っぽいので
まずは 腰を切る 動作から入りますが
右(右打ち) に乗った体重 から
いきなり 腰付近を回せば
その行為の軸足は やはり右足 です
右以外の軸足(左もしくは真ん中のあし?)を
作ることは 人間の自己防衛上不可能です。

また 腰を切る動作をするタイミングでは
クラブは置き去りになりますから
体の右サイドに 自分じゃない 異物
重量物が残ったままなので
右サイドが下がります

その双方の動作は
非常に密接につながっていて
右軸足のまま 腰を切れば
やはり 左サイドが伸びあがるようになります

体の一部分は
遠近と言う意味で ボールから離れながら
残った部分は近づきつつありますし
一部分は 高くなりながら
残りの部分は低くなります

この 体を先に切りながら
腰を先に回しながら 振ると
何度振っても 空振り
真面目に 空振り
当たる気配がありません
まったく 触りません。
空気の勢いで 飛ばすしか ありません。

001

ダウンスウィング とは呼ばれていますが
これから 動かすであろうクラブ
右から左にヘッドを動かすと
左サイドが高く 右サイドが低いので
アップスウィングに成りかねません

この後 手を返したい のですが
右サイドがボールと近づいてしまい
スペースが狭すぎて 手を伸ばすことが出来ない
でも このままでは空振り なので
クラブではなく 自分の右サイドを
ボールと近づけて 低くしてきながら
高い左サイドに向けて 上に振る

言葉で説明しても 何が上で
何が下で 何が遠くて 何が近いのか
さっぱり 分からないかもしれません。

これを 左で実践しよう とすると
硬直してしまうんです。
特に 後から 重いモノを一手に
引き受ける利き腕 が 今の僕にとって
左打ちの僕にとって 利き腕ではないので
パワーも 器用さもないので
手の施しようがないんです。

これを練習して 身に付ける
のは まるで
一生懸命 毎日 漁をして
何匹も捕るけれど
目的の珍しい魚が取れた時だけ 食べて
後の魚はすべて 廃棄しているような
そんな 効率だと思うんです

モッタイナイ!

骨折り損のくたびれ儲け でしょ


刷毛塗の方法で 打ってみると
ショット とは到底呼べない
手で投げる程度の距離ですが
ツカマエラレルンデス

この違いは
とても 同じスポーツ とは思えません。