雑誌やカタログなどを見ると
ドライバーのインパクト写真
高速度カメラでの画像なんかが出てくる

クラブの運動が増えると
ゴルフクラブは 握っている棒、シャフトと
ヘッドの重量を中心点がずれていることから
それが 直線状に揃おう とする現象が見られる

ある程度 動きが存在するシャフト…
硬くて全く動かないシャフトでない限り
ヘッドに そのシャフトに応じた重量が有る限り
その現象は自然に起こる

クラブの形状によって もたらせる作用 であって
シャフトそのものが

ムチのように ボールを弾く

コトを指しているのではない

ミズノのカタログでは
それを 前反り角 と呼んでいるけれど
それは シャフトのボールを飛ばす役割
と言うよりも クラブの形状によって
もたらされるモノで それを使って打たない
とは言わないが それは ドライバーで言うと
重心のズレ 主に 重心の深さが
自動的に作り出すモノであって
直接的には ボールを飛ばすエネルギーとは
はっきりと異なる

sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット

重心深度が深ければ
 ヘッドが前に出る量が増え
   大きなロフトで当たり易く
 意識する必要は一切ないけれど
   アッパーにボールを飛ばす易くなるので
  打ち出し角度が高くなり スピンを減らせ
 作り出したエネルギーを効率よく
処理出来るのであって
決して エネルギーそのものを増やす作用ではない

どうも その シャフトが前にしなり
ボールを弾いて 飛ばす イメージ というのが
アマチュアのゴルフを壊してしまっているような気がする

20090801 2009_08_31_23_14_53-272フレームショット

例えば このアングルからの画像で
トップの位置付近で クラブがしなっているのは
切り返し時に ヘッド重量には
テークバック時の慣性が残っているので発生する
トゥアップ方向へのしなり であって
それは クラブが正面に帰ってきた時の
シャフトのしなり や しなり戻りとは
90度アングルが異なる

アマチュアの抱き易い
しなって しなり戻 イメージは
単なる 振り子の中での 
ロシア皇帝の髭のような しなりだけれど
冷静に考えてみると
それは 向きが変わりながらの
視覚効果なのだから
実際には 慣性から起こる 自動的な
トゥアップやトゥダウンや
重心のズレから起こる やはり慣性の動きで
人間が率先的に作り出す動きではない

冷静に考えて IMG_NEW
このアングルから見える
 シャフトのしなりは
ゴルフクラブのライ角度方向
 トゥアップ トゥダウン
であって
ボールを横ビンタするようなしなり は
スウィングやショットを真上から
見ない限り 見えない筈 である

003


柔らかければ シャフトが
 しなって しなり戻って 飛ぶ!


そう考えて 悶絶系のクラブや
 ブラックスピーダー なんかを
  使っている限り

 まぐれ当たり
  
を期待し続けることに成るだろう


シャフトは 変形して
 それが 復元して ボールを打つ
もしくは ボールに当たる

のではなくて

通常の状態で ボールに当たる
シャフトが変形したがらない
歪みたがらない 使い方が正しいと思う


しなるシャフトは
 出来るだけ しならせないで使う

重いヘッドは
 出来るだけ 重く感じない姿勢や
  位置で使う


それがゴルフクラブの基本だと思う

重いことも撓ることも
 共通して ボールを飛ばす
 ボールの為にあるのであって

クラブを重く感じるように使ったり
シャフトをしならせて使うのは
一見すると 飛ぶ ように感じるけれど
冷静に考えれば 単に 自己満足だけで
その感触は単なる負担でしかない

上手に扱う程
シャフトの硬さ・柔らかさも
傍目からは分からせず
力が入っていない

クラブが重くなっていない
という事だよね