SLE(スプリング・ライク・エフェクト)や
   ・・・バネの「ような」「効果」
体積のルール等 が施行されて以来
ドライバーヘッドの開発は従来の大型化の道を
終え 軽量長尺化への道を進むようになった

image11

国産Aメーカーのカタログを読んでみると
 45インチ から 46.5インチに 替えると
ヘッドスピードは 1.4ms 上がると案内がある

これで 安易に
 おぉ〜 ヘッドスピードが上がるのか〜
と思ってはイケナイ

通常 長さを長くする場合で
スウィングウエイト D-0 とか C-8 とか
変えずに 同じスウィングウエイトにするとなると
1.5インチ長くするのには
 12〜15g ヘッド重量を軽くしなければならない

ヘッド重量 約5g は
ヘッドスピード 約1ms に相当する破壊力
を持つので 数値として
ヘッドスピードが1.4ms 上がったとしても
総合的な ボールを飛ばすエネルギーは
逆に 1.0〜1.5ms 分 下がったことになる!


そのカタログにもあるのだけれど
メーカーは ヘッドスピードが上がる
 と書いているだけで
その分 距離が伸びる とは書いていない
ユーザーの方に ヘッドスピードが上がるから
「きっと 距離も伸びるだろう」
 と思わせているだけ だ 

3センチ近くも ヘッドが遠い所を動くから
スピードは上がるのは 当然だが
それをさせる為に ヘッドを軽く してしまえば
ミート率も下がるうえで
 ボールを遠くに移動させるエネルギーも失う
のだから 何かメリットがあるのだろうか・・・

クラブを造る場合
この スウィングウエイトの統一感
セット内での スウィングウエイトの統一感は
数値 ソノモノではなく
この数値を 長さで出すのか 重さで出すのか
その「塩梅」を セットで統一させることにある


具体的に言えば ドライバーを
44.5インチ 210g D-0 でセットし
#5アイアンを同じ D-0 にするにしても
 38.5インチ 260g で作るのと
 37.5インチ 275g で作るのでは
スウィングウエイトの数値は同じだった としても
まったく毛色の違うクラブ になってしまい
上記のドライバーに対しては 後者のセッティングの方が
相性は良い訳で 前者のアイアンでは
ヘッドが軽く 動かしやすいけれど ミスに弱く
上がるばかりで距離の出ないモノになってしまう…

 スウィング破壊兵器 のアイアンシャフト
  NS950装着のアイアンでも
 十分過ぎるほど 羽根のようにヘッドが軽く
シャフトも冷凍マグロ とか ミイラ みたいに硬いのに
185gのヘッド重量の46.5インチのドライバーでは
ドライバーヘッドが 更に軽く感じる だろうし
長いから アドレスした時は柔らかく感じても
ボールを打つ段になれば
 運動の全く無い(コンクリートのような)状態
なってしまうから 数値としてヘッドスピードは上がっても
上へ 上へ 飛び →スライスの佃煮になってしまう

スライス防止の為に
 ヘッドを返す ような行為をしたとすれば
今度は クラブの長さがそれを邪魔するので
飛ばしたい ⇒ 長くする ⇒ スライスする
 ヘッドを返したい ⇒ 長さが邪魔
その ぐるぐる を繰り返すことになる