ゴルフクラブを動かして ボールを打つ
ボールを遠くに飛ばす
目標方向に飛ばす
そして 出来るだけ似たようなショットを繰り返す

これをしていくのには
クラブのメカニズムや体の構造
そして ある程度の動き を
覚えていくのだけれど
重さ そして長さや移動距離 移動方向
などを考えてくる上で
かなり 重要になるのは 時間の経過 だと思う

時間と言うのは それぞれの人に
非常に 平等な形 で存在している訳だけれど
なかなか 人の方が それを上手に 平等に使う事が
出来ない

同じ一日でも 小学生にとって
7月25日と8月31日では 一日の仕事量(宿題)も
同じ24時間でも まったく異なって使う事になってしまう

ま そこが人間の良いトコロでもある訳だけれど
ゴルフのクラブを扱うに関しても
あまりに 時間の流れと言うか つながり というのを
おろそかにし過ぎていると思う

CA3F00220001

クラブの今ある位置や姿勢は
概ね 次のアクションを決める 
もしくは 大きな影響を与えてしまう

例えば ダウンスウィングを10のコマで
分けたとすると 前のコマによって
今のコマの位置や姿勢は概ね決まってしまうし
次のコマでの クラブの位置や姿勢
そして それに伴う体の姿勢も決まってしまう
すべてがつながった 連続する時間の流れ・・・
今は過去の連続の結果として 必然とも言える

フォローでこうなってしまう・・・
これを解決するにしても
そこで直すことは殆ど不可能に近く
その何コマも前に主原因があるのかもしれないし
アドレスで 右を向いている癖があるから
結果 そうしてしまうのかもしれない。

生活の中でも 今 現在の状況が
ゴルフで言うところの フィニッシュや
フォローの欠陥 と同じで
未来の自分の何かの 主原因になるかもしれない訳で
今起こっているトラブルは 原則論として
今 では解決できないかもしれない

過去を修正することは出来ないから
そして 人間は過ちを繰り返すモノだから
未来に起こりうる問題は
実は 今から先の未来のつながりとして
必然で起こってしまう可能性がある

過去を振り返り 今 を起点に
未来に 出来るだけ問題が起こらないように
立ち振る舞いを考えておく必要がある訳だ

ゴルフショット
 ゴルフスウィングを構築していく
そんな行為・・・遊びは
人間が生活していく上での
より 楽しく より 充実した生き方の為の
シュミレーション では ないかと
僕は思うのである