多くの悶絶者の悩みに
切り返し時の 向きの変更と クラブのスライドの
順序の入れ替えがあるのですが
その 多くが
体の向きを変え もしくは スライドをし
そして クラブを動かす
大きなミスが見受けられます

勿論 クラブを間違った意味で 
インサイドから 入れようとしたり
やはり 間違った意味での タメを作るんだ と
いう事で クラブを動かすのを遅らせてきた
訓練のせいかも知れません・・・

結果的には 誰よりも 手打ちになるのに
先に 手を動かしてはいけない強迫観念 に陥ったり
腰のキレだ とか 左サイドのリードだとか
脳のない先輩たちの 中身を再考しない 見た目だけの
レッスンなどを受けてきたかもしれません

同時に動かしたとしても
クラブの構造や その重さその物で
遅れがちになる クラブを持った腕
だから 先に動かしておこう
横だけでなく 縦にも ヘッドを振る動きは
結果として 遠回り という 遅れ
時間のズレ を生むから
動かすんだとしても スライド
右を向いていれば 傾きのせいで
下と言う方向も内包する 左へのスライド
を イメージでは 先にやろう!


と頭で理解し 納得していても
殆どの人が 体から 結果として
回転から入ってしまい
意図せず ヘッドやシャフトを振らなければいけない
そういう障害にブチ当たっていると思います

4190-1-2

僕は その原因の一つに
この写真である通り
運動中も色濃く このターゲットに平行な
ラインの影響があると思うのです

このラインに平行、沿うように動かさないと
真っ直ぐ飛ばない

そうなれば まず 体がそのラインに平行になってから
クラブを動かす可能性が高くなります

本当はクラブの横への動きは
体の向きを司る→脚の仕事 なんですが
今までのクラブ扱いから
そこは 腕さばきで行った方が
確立性が高いし 慣れてもいるでしょう・・・
鈍感で クラブから遠い所にある脚で行うより
クラブに近い場所の方が 線をなぞりやすい

そもそも 向きを変える動き の中
それは 曲線を作る動きになってしまう訳で
直線を作るのは難しいですし
遠心力の掛かりやすい 歪な構造のヘッドを
高速運動の中で それを行うこと は
非現実的であるにも関わらず
それを 長年 何万球 何万時間もトライしてきた

その動きを実践しようとすると
線はなぞれたとしても
インパクト付近に
クラブの縦のブランコの動きが入ってしまうので
ヘッドの高低・上下の動きが激しくなり
ヘッド軌道は達成できても
今度はフェースの向きの問題が生まれてくる

軌道もなぞり
ヘッドの高さを毎度ボールに合わせ
しかも フェースの面の向きを管理する

しかも それは 体を先に動かしてからの
動作ですから 左サイドは遠ざかりながら 上がり
右サイドは近づきながら 下がる
その流動的な土台の中で行うのだし
どう見ても 大変 重要な部分を
一番高速で 一番忙しい時間帯に行う のだけれど…

それよりも 方向性はアドレスで終わり
後は ちゃんと法則を見つけ
ターゲットライン自体は さほど意識せず
ショットとしての動作を完遂する
もし これから ゴルフを始める人に教えるとしたら
簡単だし 覚えられそうでしょう?!

もし 上の難易度の高い 方法に
更に 飛ばす って条件が入ったら
双方が達成しやすいのはどちらだろう・・・

アマチュアに よくある
真っ直ぐ行かすなら 飛ばしはあきらめ
飛ばすんなら 真っ直ぐ行くことは運任せ
どっちが当てはまるんだろう?!