ちなみに 弊社のブログに書いてあること
それを こんなクラブセットで実践したら どうなるか


1W   8.5度 フレックスX
     46.25インチ

3W   
15度 フレックスX
      43インチ

3I〜PW  39インチ合わせ
    アイアン
 ダイナミックゴールド S300

実際に やってみれば 分かると思うけれど
ごく普通のおじさんが 普通のスピードで動いたら
かなりの確率で 空振り する

軽量ヘッドな上に シャフトも硬く
十中八九 重心距離の短い小ぶりなヘッドを
使っているから ヘッドが自発的に
下に下がり ボールをさらっていくような
要素が まったく・・・ 微塵も見当たらない

自分が下がり 右サイドを下げ
ロフトを寝たところを 超高速でターンさせ
テーブルクロス打法で 飛ばせないおじさんが
こんなクラブ 使ったら
ゴルフより 整体や鍼治療、手術する羽目に
なってしまう
一発打つだけでも しびれるほど辛いのに
数を打って メンテしてないと このクラブでは
ちゃんとした点数のゴルフにならない

こんなクラブ持ってて
飛ばなくて 点数も悪かったら
ボールじゃなくて 自分が穴に入りたくなるだろう

こんなクラブを使う人は きっと
25歳以下ののマッチョマン で
きっと 身長2メートル 体重120キロ 位 あって
ヘッドスピードも 80ms を超えるんだと思う

それであれば 超軽量ヘッドで
ロフトを立てなくとも ボールは潰せる
練習量も豊富だし 体力も有り余っているから
あの 複雑怪奇な オンプレーンスウィングという
人体を蝕むような 動作でも
ゆっくりと動いて 80msを超えるような
スピードになる訳だし
こんな マッチョな人が
ちゃんとしたインパクトを
ちゃんとしたヘッド重量やシャフトの柔らかさで
打ったら ヘッドは モチロン
ボールも シャフトも 接着剤も グリップも
モタナイ のだから あえて
コスって 打ってくれているのだと思う

シャフトがしならない分
自分がしなって
どう見ても ソールで打つようなダウンで
フェースでボールを捕えるんだから
天才的 というか マジックのような・・・

真似はしたかないけど
ちょっと 憧れちゃうなぁ〜
 おじさんには絶対に無理だからさ〜
無理っていうか 無茶っていうか・・・

12_2_0

そんな人が そのまま 悶絶セット 使ったら
どうなるか? って
まず ダフって ボールじゃなくて
 マットが吹っ飛ぶんじゃないだろか?
一日中 シャンク打ってくれるかも知れない?
当たっても 地球一周するほどのスライスになるか
ロフトが寝すぎてしまって
上がらず 飛ばず ゆっくりの抜け球になるんじゃない?

弾道って 逆から考えると良いんだけど
クラブを固定して 飛球線から ボールを投げる
ボールをぶつけると あるロフトまでは
ポンと高く上がるけど ロフトがあるところを越すと
後ろに飛ぶようになる・・・
投げるスピードが速くなるほど その限界ロフトは
少なくなってくる 例えば
 時速20キロなら ロフト45度
 時速100キロなら ロフト28度とか・・・

まるで ヘッドスピードの風圧だけで飛ぶような・・・
そんな 球になるんじゃないだろか・・・

ちなみに 最近 遼君が
ドライバーで ヘッドよりも ボールの方が
後から出てくるような そんな球を打ちたい って
言ってるらしいけど
そのイメージ まるで駄目でしょ?
 ロフトとロス率の関係 分かってないのかな?!

高校 ちゃんと行ってないから
物理の基本 習ってないもんね 仕方ないか…