lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

さぁ この高さにあるボール
この傾斜にあるボールを打つとしよう

単に この状況を脱出するだけでなく
50ヤード 100ヤード 飛ばさなければ
ならないとしたら どうしょう?

ロフトによる ボールの飛ぶ方向はちょっと無視して
ロフトが少ない5度とか 10度とかの アイアンと
仮定して だいたいで良いから アドレス方向に
80ヤード打つとしよう

ローテーション?
当たったとしても 強烈に左に行くよ

いつも通りの 腰の回転?
十中八九 届かないでしょ

クラブを遅らせて 体だけ回す
 俗に言う タメを作ったら?
ヘッドが地面にめり込むよ


確かに この状態を 主に 打つために
 クラブヘッドは作られていないから
ネック周りとか邪魔だし ライ角度も邪魔だけど
この状態で ある程度の距離を打つのには
刷毛塗 しかないでしょ
何か ほかのアイディアある?

一番 確立良く ボールに当たって
繰り返して 出来る方法・・・
一か八か でなくてね

少しでも 距離が必要なら
体の回転だって 打つ方向へのスライドの意識持つでしょ?

トップの位置から いきなり 右足蹴ったり
左腰引いたら 自分のスタンスの傾斜によっては
自分が 落石になっちゃうよ

右ひじを下に向けたり
シャフトを捩じったりすれば
ボールに 打撃面である フェースが向かない

ショットの目的である
ボールを目標方向に打つ は フェースとボール
そして目標方向の三つのベクトルや向きの関係で
成り立つ訳でしょ?!

通常のショットでは
その動きに ヘッド重量の重力落下
そして運動エネルギーが使えるから 距離が出る訳で
このショットでは 安定して 体の向きを変えられる
遅めの運動エネルギーだけが 距離の頼り…

実は 運動エネルギーを上げると
そこから発生する不可抗力も倍々に増えることを
知っているから ゆっくり動かすし
この場合 ミスの度合いが激しく
まったく 前進できない可能性も少なくないから
クラブを捩じったり 短くしたり しないでしょ?!

このショットは 
 正しい刷毛塗 と 正しい向きの変更 
必要で 通常のショットの前傾無し版 とも言える

 このショット
 ショットイメージってすごく重要で

 ☆普段の練習場でのショット

 
☆そして この 傾斜地からのショット

 二つに 前傾姿勢の有無 だけの違い

 が あるような ショット スウィング

 クラブ扱いを作れるようにするべき
     だと思います


  ここでカギになるのは

 
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

 この高さのボールを打つ時にも
 ヘッドとグリップの位置関係というか
 腕とシャフトは一直線には
 なりませんよ! って事です