右利きの人が右打ちをする
非常に標準的なゴルフショットで
プロ、アマ含めて 日本のゴルファーの殆ど が
左手を使って!
右手は使うな!
右手がイタズラするから ミスになる!

 
そう思っているのではないでしょうっか
それを金科玉条のように守り続ける…

ま、確かに両手で行うスポーツですから
利き腕でない方を意識して使うのが
バランスはいいのかも知れません

しかし ちょっと やり過ぎ…


BlogPaint

テークバック
左肩 を入れろ…
厳密には左肩と呼ばれる部分は
腕の一部で 腕の付け根付近を指すけれど
それが接続している
背中は 折り紙のように
縦に二つに折ることは出来ない

右肩を止め 左肩だけを動かして
向きを変えることは出来ない

体の向きを変えれば
結果として 左肩も入る!

問題なのは
何故に 左肩を入れなければならないのか
左肩を入れるとどうなるのか
はたまた 入れないとどうなるのか
を理解、納得していないと
ただ見てくれ上
左肩を入れる という
手段が目的になってしまう
と思うのです

推測なんですがね
右利きの人に 左手や左脚を
上手く動かすコトって
決して易しくないじゃないですか
歯磨きだって 左手で行えば
一汗かける位

左手をうまく使って打つ
なんか そのイメージに
ちょっと 憧れ なんかがあるのかも
知れませんねぇ

右利きの人が 当たり前に
右手だけを使っていると
なんとなく 馬鹿の一つ覚えみたいな
感覚がないとも言えないしね〜〜〜

また ほとんどのゴルファーは
体を回すことを
消しゴムか 雑巾のように
背中 背骨を捩じりあげることだと
思っていますから
腕を振って 反動を付けないと
出来ないですよね
基本的には不可能な行為なんですから…

肩周りの勢いを付けて
その惰性で 背中を捩じる…

これが 殆どのアマチュアゴルファー です

自分がそうか どうか を確かめるのは
自分のスウィング始動のテンポを考えてみれば良いんです
テークバックの目的は
全体のリズム形成の一因でもありますが
向きや高さ、エネルギーを作る出発点に持っていくことで
目的である ショットに対しては
マイナスな方向に動く動作
助走を付けているのではなくて
その助走を付けるための出発点に向かう動き
当然 スピードは要らないし
加速なんか もっと要らない

テークバック加速してませんか?!

ゆっくり 動かせますか?

等速で動かせますか?



あまり 勉強していない 知名度だけの
ティーチングプロなんかが
それを目で見て 
もっと 左・肩関節を柔らかくして
シェ〜 のポーズを取りなさい なんて…
脱臼しちゃうよ

殆ど 面白くない喜劇なんだけど
それを お金払って 教わって
その上 体 傷めたりするんだから
最後は 悲劇になっちゃいますよ