こかんせつ シリーズの延長になってしまいますが

スローな動きでもう一度整理してほしいのです

自分で下げていなくとも
視覚的には 前傾 + 向きの変更 によって
グリップの位置は下がってきます

それって 結構忘れていませんか

クラブは体の向きの変更で
インサイド(自分側)から入ってくるのですが
それが 同時に 上からも入れてくるのです

体の向きが解かれるメカニズムは割愛しますが
体が正面を向いて来て
その大前提に 前傾姿勢がある

この単純かつ明快なメカニズムが
クラブの動きの殆ど なのです

しかも それは 基本として
静止状態・・・アドレスで設定されているので
動作として は 阻害さえしなければ
ほぼ まったく しなくとよい システムになっています

スウィング上方から 見たときの円弧の動き
そして ヘッドの水平方向の動き
そして 傾いているとはいえ 斜めの動き
これらは すべて 無条件で アドレスに内包されているのです

昔から言われる ゴルフは上げて下げるだけ
とは 向きを変えるだけ と言い換えられるのです

素振りで トップの位置から 
右を向いているままの「感じ」で
軸足・直立脚(ひざは曲がるが) を左に移す
前傾角度も左股関節に移す

それに伴い 体の向きが解かれ
アドレス向きに戻っていくと
クラブは自然に 内側から 上から
ボールに対してアプローチしてくる・・・

この一連の動きを スローで良いので
何度も繰り返してください 

123

体の向きを変えると
なんだか 奇妙な感じで
クラブが インサイドから出てきて
しかも 下がってくる感じ
 まるで 肩周りを使う余地はないと思います

早い段階で 右ひじのクランチを解かないと
動きそのものをクラブの重さが阻害し始めますし
成功しても クラブが尻もちするように落ちてしまいます

そのどの段階で リ・クランチをするか
のタイミングを掴んで見て下さい

早い段階
右ひじが左ひじよりも高い状態で行った方が
より 上から より ロフトの立った
入ってくる軌道(上下)に対し 垂直なフェース面の
感じが出せると思うのですが 如何ですか?!

逆に ダウンのその行程で
右ひじを下げたり 上半身にねじれを作ったり
腰だけ回したり
向きの変更を無視して グリップの位置の高さを
維持したまま でいると 異様にクラブが重くなり
動作そのものを成立させなくなりますよね

更に 合掌のグリップ
両手の指先だけで クラブを挟んで行うと
ボールのところにたどり着けるタイミングは
かなり早い段階でのリクランチだと理解できると思います

背中側への移動
左ひざの受け
クラブのクランチによるスライド
その順序を一番見つけやすい
トレーニングと言えるかもしれません

クランチ・・・体の向きが解かれる
視覚上のグリップの位置が低くなる
それによって クラブの鎌首をもたげた形状が
向きの変更以上に グリップ部やクラブ全体を
下げる方向に働き
より ボール際になって 尻もちをつかず
クラブヘッドを落とす
一番 合掌グリップに負担のない部分が答えでしょう


そう その時の両手首の形・・・
 どこかで見ませんでしたか・・・
  そう 刷毛塗 です