究極 クラブ扱いのコツ と言えば
クラブを捩じらないこと と言えるでしょう

で クラブを捩じらないようにするには
背中、背骨を捩じらないようにすること になります


背中の上下で 捩じり差を作ってしまうと
横のずれなのにもかかわらず
その延長線上にあるクラブの構造により
問題は必ず 縦方向の動きで処理せざる負えなくなります

タイガーウッズ選手の動きなども
骨盤を回さず 背骨を捩じりあげ それを使った
ゼンマイ打法な為 ボールを捕まえるのに
上への動き 上への急激な動きを採用して
無理やりロフトを立てる(軌道に対し)
ちょっと アニメの世界のような打撃方法です
ですから 複雑な背中のねじれ
上下の動きの伴う横のねじれが背骨を傷めます
また それを支えるのに 伸びた状態の左ひざに
同じねじれを加えるので 上半身をまるでステロイドを
利用しウエートトレーニングによって増やされた体重は
ワンスウィングごとに 彼の体を蝕んでいくでしょう

Img_001

元来 正しく使えば
ゴルフ程度の動き スピードであれば
お尻回り 大腿部 そして背中 おなか の
筋肉は 非常に大きく 強いものです

悪く言えば やや鈍重で 痛みにも強く
人間の基本動作という 何万回繰り返す動作にも
耐えられる機構、機能を持っています


上の写真のような姿勢は 美しく
しかも 背中に殆ど負担が掛かっていません
右の大腿部と骨盤に前傾差があり
そして向き差もある

殆どの人が実はこの姿勢が出来ていないのです
勿論 一番の山場は次に来る訳ですが
この姿勢が出来ない限り
クラブの基本機能を利用することは不可能です

流行のオンプレーンスウィング
ゼンマイ打法を採用しているゴルファーの
俗にいう トップオブスウィングでの
背中は 肩周りがもっと盛り上がっていて
背中全体が丸く反り返っています


上の写真には 大変わかりやすいヒントが隠されている
と思います ご本人とは長いお付き合いになりますが
悶絶にめげた代表でもあり この姿勢が作れるように
なっただけで 僕は大変安心しています
自分に 帰るおうちがある のと同じだから です

   それでは また 明日・・・