そう 前傾姿勢 って何でしょう?

直立姿勢 と対になるような言葉ですよね

では 前傾って 何に対して? でしょう・・・

勿論 直立姿勢に対してですが その部位はどこですか?

多くの方が 前傾姿勢 を
腰をかがめること→ 背中を折り曲げる?意識を持っています

☆間違いです☆

前傾姿勢も やはり 股関節
大腿部と骨盤の角度差のことを指すのです。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット

誤解を生まない為に言っておきますと
厳密には お尻は大腿部の一部です
えげつなく言うと 皆さんが食べる
鳥料理の脚の美味しい部分は 脚でもあり お尻でもあるのです
ハイレグのパンツで 露出している部分は
実はお尻であって 脚でもあるのです

ですから 以降 お尻 や 秀二 は骨盤と言います

アドレス時は
両脚と骨盤に 向き差 がないので
両脚と骨盤に 前傾差 が作れるのですが
双方 向き差が発生すると
そうはいかなくなります


正しく前傾姿勢を作るには

実は 向き差と前傾差 は絶妙な関係にある

と言ってよいと思います

右を向いているときは
右と大腿部と骨盤に前傾を任せます
運動を始めると
正面と言う意識は持ちにくいですし
また 持つべきではありません
ですから それをすっ飛ばして
左を向く準備として
前傾を今度は左大腿部と骨盤に託すのです

この一連の動作を覚えるのには
素振りや特にゆっくりした動作で
脚と骨盤に色々な差 を作ることが重要です

多くの方の動きを見ていると
前傾差だけでなく 向きの差を
背中で作ろうとしている気配があります

某レッスンプロの抗議(講義)では
肩甲骨ラインと腰ラインで作る としています
人間の背中は 雑巾ではありません
背骨には 背中には 遊びや余裕、クッションとして
捩じる機構はないとは言えませんが
主要動作としての 横運動をする機能は
殆どないと考えるべきですし
10代の体操選手であるのなら いざ知らず
50歳を超えた平均的日本のゴルファーには
これは いささか乱暴な理論です

普段の生活から 大腿部と骨盤に 差 を作る意識をすると
姿勢もよくなりますし 歩く姿も美しくなりますよ

   それでは また 明日・・・