面白いイメージを お客様から聞いたので
お知らせしておきましょう
何かの役に立つかも知れません

通常 レクチャーをする際
振り子のようにボールを打つのでなく
クラブやシャフトをスライドさせて打つイメージを
「地面にボールがあります。
そのボールを赤道のところで 真っ二つに切ったとしましょう
南半球の上に乗っている北半球だけを
立てたロフトで さらっていく… そんなイメージ」

と説明したり します

スライドの感覚や 番手によるロフトの違いで
なかなか 簡単にイメージできないかもしれませんが
卓球のスマッシュに近い感じ と言えばいいでしょうか…


そんな中 悶絶中の方から
こんな 言葉を頂きました

「ダフる とか しゃくる とか そういう訳ではないけれど
例えば ウエッヂのようなロフトのあるクラブで
ちゃんとスライドさせてくるイメージは
ボールを初めにコンタクトさせる
という事を除けば
地面とか マットとかの薄皮を一枚
包丁やら ナイフやら で向いてあげる感じに近い」
との事。

e98c64681f280836
なるほど 言いえて妙 だな って感じです
リンゴの皮むきするのに
深く歯を差し込む訳でも
しゃくり こそぎ取る訳でもなく 表面に沿って
スライドさせる感じは 刷毛塗の真髄に近いかもしれません。

振り子の感じで 皮をむいたら
そこの部分だけ スポットがこそぎとれるだけで
皮は向けませんよね…

ロフトが寝ていても 歯が地面に触れない…
ダフらせる とか 地面に噛ませる って事ではないけれど
クラブ姿勢と地面の関係をうまく言い表していると思います

刷毛塗の感じも
普通のマットでの 刷毛塗
そして 右ひじを上手に使った クラブのスライドを
覚えたら 立体刷毛塗は
BlogPaint
上手に描けないけれど
立体的に こんな感じにマットがあって
それに沿って クラブをスライドさせてくる
そんな感じなんだけど…
うまく 伝わるかしら・・・