多くのゴルフメーカーは 在庫削減の名目と
直接ユーザーに売ることの出来る
 メーカー直営のフィッティング販売
に力を入れている

正直 僕がゴルフを知って 30年弱の中で
ここ最近の ゴルフ全般のレベルが低いと感じる
アマチュアだけでなく 日米男子女子プロ共に
相当 酷いレベルで 賞金総額や人気などはともかく
アマチュア・・・平均的な日本のおじさんゴルファーが
参考にすべき クラブ扱いをしている人は皆無 とも言える

日本のアマチュアも スコアの良し悪しに関わらず
自分のやっているスウィングに自信が持てないから
どうしても 著名プロとか 人気のあるティチーングプロの
教えにすがりたくなってしまう気持ちも分らなくもない・・・

BlogPaint

コスっている
ロフトを開いている
打点がシャフトの延長線上に無い形状、
そんなモノを無視して クラブを扱っているから
ほとんどのアマチュアが
不必要に 弾道が高い
10度のロフトのドライバーを
15度や20度にして打てば
飛ぶ訳がない

中古ショップも多いし
ネットオークションやネット販売なども
利用し易くなったそ
昔よりも クラブ単価が下がっているから
頻繁にクラブを買い替える

無数のスウィング技術理論も
垂れ流しな状態だ

スウィングも探求した
クラブも買い漁った
しかし 思った結果は得られない

そこで行きつくのが
有名メーカーの直営店での
フィッティング と言う名の地獄だ

コスっている
シャフトを捻じっている
だから ロフトが開いて
弾道が高い
飛ばない
スライスする
のに それの根本を解決せず
クラブで対処するとなると
小さなロフト
軽いヘッド
短い重心距離
硬いシャフト
を選ばざる負えない

ロフトを開くから 少ない角度
ヘッドが遅れるから 軽いヘッド
ヘッドが遅れ ロフトが開き易いから 短い重心距離
ヘッドが遅れ シャフトを捻じるから 硬いシャフト

当然 データ解析 弾道解析などの
シュミレーションを使ってフィッティングするから
捻じって コスっている人は
上記 4項目を進めていくほど
良いデータが出て来る 例外は少ない

また この4項目は
知ったかブリっこのゴルファー
アホなプライドもくすぐる、くすぐる
俺って アスリート?
俺にも スチールシャフト 使える?
9度のロフト 使っちゃおうかな?

有名メーカーが
自分個人を解析して
選んでくれたクラブ

悪い筈が無い
当然 そう思いこむ。

違う! 有名メーカーほど
目先の結果を追いかけ
売れるモノ
買う人の立場でなく
会社を管理する人の立場に立っているだけだ


在庫もしなくて済み
すべて 受注生産
データ という証拠もあるので
クレーム処理も簡単!
一般商品よりクレーム率も低い。

大抵の場合
メーカーは間違う筈がない
上手く行かないのは自分せい!
と思う筈。

さぁ 思い当たる人 いませんかね?!