題名の通り だけど 理解出来ると 凄いでしょ?!
スウィングという呼び名の人間の動きとクラブの関係
BlogPaintこの どこにも重力に対して
垂直な部分がない
・・・ぶる下がった腕位かな?!
ありとあらゆる 斜め で構成された姿勢

人間の傾いた姿勢 前傾で作る
上半身の上下方向 と 重力の上下方向
そして クラブの構造・・・

傾きを作り出すことによって
この姿勢の中で一番難しい
重力方向の下への動きを完全に省ける

傾きを作ることによって
横の動きと縦の動きを 分けた二つの動きでなくて
完全なひとつの動き 人間の意志で動かすひとつの動きで
一挙に出来る・・・ あとはクラブの構造任せ

人間がクラブ本体を動かす瞬間
ほんの少し 指一本分位かな スライドさせる瞬間は
ゴルフショットの中で クラブが一番短く 軽い瞬間

その動き と 多くの傾き
 そして クラブの構造が有れば
あとは なすがまま キュウリがぱぱ
人間の本能と重力が殆んどの事をしてくれる

クラブはその形状のせいで
ボールの方へ 上から 落ちて来るし
アドレスの目標方向へと ボールを打ちだす

多少の個性は有っても
その入射角度分 自動的に ロフトは立つし
クラブの重さが 右から左に動くから
シフト スライド も 難しくはない

トップオブスウィングで
人間の稼働関節や部位の中で 一番低いのは
左の膝 だから 自然の摂理に乗っ取って
高いところから低い所になだれ込む ような動きで
だいたいの事は完成する

そこに行くまでに
右肘の動きで クラブを持った左手を
進行方向に押し クラブそのモノをスライドさせる
立体刷毛塗りをドリルで掴んでおけば良いだけ・・・

グリップは 右と左が重なっているのだから
右手で シャフトを押し ヘッドだけを動かしてしまっては
重なっている意味が無くなってしまう

テークアウェイで行った右肘のクランチの動きと
同じく インパクト後の左肘の抜きを覚えていれば
体の向きの変更や右肘の押しを 上手く長せるし
それによって よりボール方向への長いフォローが作れる
その動きも テークアウェイでチャントしていれば
オートマチック だよね
笑える位 クラブと体の姿勢って
 スゴイ関係だと思うんだけど 如何?

RIMG0029-thumb-560x420
フックグリップに握って 左肩を入れ背中を捻じる
それを 左膝から回転し 腰を切り
クラブを残し 溜めて インパクト直前で
一気に腕を回転させ ターンする
  俺は雑巾じゃねぇぞ〜  人間だ〜
 俺は消しゴムじゃねぇぞ〜 人間だ〜