ブログを拝見していて、よく「正しいスイング」というキーワードを目にするのですが、短いシャフトと長いシャフトではどちらが正しスイングを覚えやすいのでしょうか。

 

お手紙有難うございます

正しいスウィングと言う意味では

短いシャフトの方が覚えやすい というか

覚えにくいというか

 s12

ゴルフスウィングは

「前傾姿勢の維持」と言う

あまり他のスポーツにはない

道具扱いの「条件」があります

この 前傾姿勢を維持することによって

本来の重力「上下」と姿勢に対する「上下」をミックス

するところが よりクラブの機能を活かせるところであり

人間にとっては動きにくいところでもあります

 

クラブの長さが短くなればなるほど

その重力「上下」と姿勢に対する「上下」

ギャップが起こりますので

理解すれば簡単なのですが

理解するまでは ことスウィングの成否という面では

長いモノの方が簡単なのです

長いモノは ロフトが少なく

よりたくさんの距離を打ちます

左右のミスの値が大きくなるので

難しく感じますが

 左右のミス/打つ距離 の

分母 分子 で考えると

実は思うほどではありません。
むしろ 縦の距離ミスの痛みは
短い ロフトの大きなクラブほど大きいモノ…

 123

長くなり 姿勢がより直立に近づけば

近づくほど 重力の上下と姿勢の上下が

近く 等しくなり

覚えやすい上 動きやすくなります

しかし その反面 クラブの基礎機能というか

ゴルフクラブの構造を活用する事をおろそかにしがちです

スウィングの未熟な段階では
案外 長い スピードで解決出来る
フルショットは上手くとも
短い 前傾姿勢のキツイ クラブの
ハーフショットなどのコントロールショットが
苦手になるのも クラブの基本構造を使わず
人間の運動性能でのみ ショットする癖を
身につけているから かもしれません。


流行りのスウィングは 如何に 人間が

速く アクティブに動くかが勝負で

アドレス時は深い前傾でも

動きだすと 殆ど直立になってしまうのが良い例(悪い例)でしょう

ダウンスウィングが始まると 背中の丸みに
誤魔化されてしまいますが
前傾姿勢・・・ 大腿骨と骨盤の傾きの差
は 失ってしまっています 

 

20090801 2009_09_02_15_09_49-1005フレームショット
 

短いクラブほど

ロフトが多く

ロフトを寝かして こすってしまう事に

寛容ではありませんから

より 均一なロフトでインパクトする事にも

難しくなっています

 

また クラブが短いですから

ボールに対し 一番キツイ入射角を取るのも

難しいと言えるでしょう


 ま 両者はイコールな話ですので・・・
 

クラブをちゃんと扱う事は

練習で前傾の深さの為

腰を痛めないのであれば

ロフトの大きな クラブの短いモノで

覚える事が 難しいかもしれませんが

重要です