日本固有と言っても良い
体の名称 
実は どこ? って 人それぞれだったりする

腰と言う言葉は 骨盤と考えて間違いないだろう
ドラムショット
腰を動かす
その動きが イコール 体の向きを変えていく
右の直立脚が解ける
イコール 右向きが解かれていく

これが ダウンスウィングの大きな動き。
腰 そのものを動かすのでなく
脚の動き などで 腰を移動させると考えても
良いのだと思う・・・
しかし 決して脚の動き
特に右足の蹴り などで 腰を回すのではない!
断じて 自分のアクションで 直接的に
腰・は・回・さ・な・い!

究極には クラブヘッドやクラブの重さ
クラブヘッドのあの形状によって
腰も含めた 体が動かされる  になりたい!


個々の箇所で
自分の意志を持って
体を回そう
体の向きを変えようとするとなると
まだ 右の軸足の上での行動になるので
バランスを取るためには
左に軸足を作れない
右の軸足を使った向きの変更しか出来なくなってしまう

これでは 正面が出来ず
いきなり 体を開いて
右の軸足を使った 左を左に開いていく動きにしかならない
02この選手の動きをみれば
分ると思うけれど
右の軸足で回ろうとしてしまっているので
左が逃げる、開く
にならざる負えない
こうしないとバランスが取れず
ボールを打つどころか
転んでしまう可能性も出て来る
右の軸足でアクションを起こしてしまっているから
頭の位置も 左に移せず
もしかすると アドレスよりも 右に位置しているかもしれない・・・
一生懸命 ズレテいく 時間と共に ズレテいく両腕の長さを
調整して 打っているのだから
当たりと外れが出るのは仕方ない事だと思う


右向きへの動きは 意志を持って
右の軸足/直立脚を作って 骨盤を回す

次の動きは その右向きの動きを解く 動きであって
決して 左向き/左回転の動きではない

それは 右向きが解かれ 正面を経てから
行う動きであって
右向きと同じく 左の軸足/直立脚が出来てからの動きであ〜