題名でもう記事は分ってしまうでしょう

そう 一般論でいう 現代のゴルフスウィング論の
ダウンスウィングは ダウンスウィングではない ので
難しいのです

基礎的には 長い棒の先の重りの付いた物体
ゴルフクラブを 体の傾きや体の向きの変更で
始めの位置よりも 高い位置に移動させました

高い位置から 重量と伴い 下がる
 位置エネルギーを使う
と言う意味合いで ダウンスウィングなのです

勿論 見た目にも 前傾姿勢の錯覚を含めても
下げているように見えるのですが
巷ではびこっている レッスンでは
このダウンスウィングは
体を右にくの字に曲げ
更に体をひねり

本来状態は 縦に長い長方形のようなものを
左が長い底辺の 台形を作り
更に 捻り上げるような動きを要求します


腕を使って クラブをUPさせるスウィングで
ダウン ではなく アップスウィング ですから
常識的な感性の持ち主で有れば
納得できず 民主主義的に流されてしまう でしょう

世界一の選手を参考にするのは 忍びないのですが
体力のない 体格の小さい 根性の無い 
日本のおじさんゴルファーの為の 叩き台になって頂くと
素振りの時点で こんなに 体の右にクラブを追いやってしまう タイガーは 一体 何がしたいのでしょう?RIMG0029-thumb-560x420
ここから ダウンに入ってくるイメージを持てば
体をずっと止めておくか 左に向けておかないと
ボールをさばく事が出来ないと思いますが 如何です?
右手を伸ばそうとすれば 左手の長さが邪魔になります
上半身 左肩付近は上に 左腰付近は左に・・・
人間の体は雑巾では無いと思いますが ねぇ〜

ダウンスウィングは 体の傾き(前傾姿勢)を利用して
クラブが重力方向に対し一番短く 軽く なっている時に
クラブを右胸から左胸にスライドさせる
この動きを 重力を利用して 右 → 左 で 高い → 低い (ひとつの動作で幾つもの問題を解決できる!)
を するから クラブが下がってきて クラブがボールの届く
ヘッド重量 や 運動スピードに 自由落下スピードが加わる!
それが 破壊力を生みだすのであって
タイガーのこの写真 何かの意図が有って
ドリル的にやっているので「ない」としたら
クラブそのモノを遠くに投げようとしていると見えてしまうが・・・
斜め 上方向に向かって クラブを放り投げようとしている
そう見えてしまうのは 僕だけでしょうか・・・
とても この物体の先端に付いた部分で 別のモノを打撃しよう
としているようには見えませんがね