うちに来る有名な某氏はいつもいつも口癖のように
「ゴルフはタイミングが大事!」
おっしゃいますが その方のおっしゃるタイミングとは
リズムとか テンポとか スウィングの速さのことで
決して 間違ってはいませんが
僕の述べるタイミングは そう言う意味ではありません

ゴルフクラブ扱いは如何に 重力を利用 というか
重力に主導権を持たせられるかで あって
どんなリズムで振るか ではなく
重力に関しては いつも一定のスピードを持っている訳で
それに従属していれば テンポは同じモノにしやすいとおもいます

ns153

ゴルフクラブを いつ 動かすか

には 幾つかの区分点があります

まず 第一条件としては
クラブの重さが一番軽くなっている時 以外
動かしてもメリットは多く有りませんし
クラブが重くなってから動かしたのでは労力も多い上
あとから派生的に発生する 不可抗力の修正も
より多く より複雑になります

次に 体には 縦 横の分岐点があります
前傾姿勢 向きの変更 には区切り点が存在します

☆右の直立脚が出来る = 右向きが始まる
 そして 右サイドが高い状態始まる
☆右の直立脚が解かれる = 右向きが解かれる
 右サイドの方が高いが 徐々に元の状態の戻りつつある
☆左の直立脚が出来る = 左向きが始まる
 そして 左サイドの高い状態が始まる

理想的な インパクトは 入射角度が存在することを
無視しても 概ね 両腕の長さが揃っている状態
ボールに対して 両方の腕が同じ長さになっている状態
なのですが それは ボールに対する
腕の付け根 肩 胸の向きによって 決定してしまいます
ですから この流れの中で
いつ インパクトを迎えるのか もう答えは決まってしまっているのです

少ない運動量(動作)
少ない労力
そして 重力を利用する

これらを満たしていくのには
いつ 動かすのか を徹底的に追及するべきで
以前のスウィングとタイミングやリズムが変えられない限り
今までの「自分のリズム」を捨てられない限り
変化は起こらない と思って間違いではありません。

鼓笛隊打法が 出来始めて来ると
色々な年齢の、色々な体格の、体力の人がいても
誰もが 似たようなスウィングリズム スピードになってしまいます
飛距離も増してくるほど ゆっくり動いて「見える」ものです