上手い表題が見つかりませんでしたが
ゴルフのスウィングの場合
左右感覚と上下感覚が的確に掴み難いモノです

何故ならば 使う道具は 左右対称でなく
上下対称でも有りませんし
それを使う姿勢も 妙な前傾姿勢が有る状態を
理想的には維持します

打撃そのモノも 右から左 と一方通行ですし
ゴルフクラブそのモノは 右から左 
 の動きはあまり得意としていません

そして ゴルフの方向感(立体的方向感)を
 混乱させる要因の一つに
前傾姿勢と体の向きの変更があり
アドレス時は 右は右 下は下(?) なんですが
前傾を維持したまま 右を向くと
右は右に 斜め上の要素が混じり
左は左には 斜め下の要素が混じります

それと同じく 本来 フォロー フィニッシュの時間である
前傾を維持したまま 左を向くと 今度は
右は右に 斜め下の要素が入り
左や左には 斜め上の要素が入り込んでしまいます

ゴルフクラブは その構造上と その目的から
どこかで クラブを 右から左に動かさなければ
ならないのですが
どう動かすか よりも いつ動かすかによって
その動かし方も 負担も 全く変わってしまう
と言う認識が必要なのです
BlogPaint
例えば ダウンスウィングと呼ばれる動きが
クラブを右から左に動かす(スライドさせる)のも
体が右を向いているうちに行えば 下に動かす要素が
強くなり より少ない労力で →左(下)に動かせますが
体が正面を向いてから動かしたのでは
左への動かしには 重力のお供がいませんので
労力が多く必要な上、下への動きが加わりませんので
それとは別な 下の意図的な動きが必要になります
荒っぽい絵ですが 上の二本に線も
本人にとっては スライドを伴った体の向きの変更などの
クラブの横 右から左への単なる横の動きなのですが
前傾姿勢やその向きの状態によって 下に動いているように
見える「だけ」なのです

ひとつの動きで いっぺんに 少ない労力で済ませるか
二つ以上の動きを 多い労力で行うか

それは いつ 動かすか に掛かっているのです