アイアンを見る時に 特に重要な事を
最近の方は見落としがちです

それぞれの方に アイアン形状の好みがあるのは
分りますし こう云う形じゃなければイカン とは
思った事は有りませんが
どうも 中身を見ていない方が非常に多いような気がします

軽量スチールシャフトが主流になって以来
アイアンヘッドも軟鉄鍛造が増えてきているようです
軟鉄鍛造の持つイメージが 最近の若者の
アスリート気分(願望)をそそるのかも知れませんが
素材が何であれ 製法が何であれ
アイアンにとって 一番重要なのが
ロングアイアンから ウエッヂ までの流れ で
有る事は 今も? 昔も変わりがない筈です
IMGA0233
アイアンを自分で 削ったり 製作したりすると
番手ごとに 少しずつ 変化していく その流れに
驚嘆するものです
ロフトやライが変わりだけでなく
プログレッションやバンス角なども
一定の流れで変化していきます
しかし ロフトが増え フェースがたくさん見え始めると
しっかりした技術がないと 同じ流れのアイアンに見えません

以前 アスリート御用達と言われる T社の軟鉄鍛造アイアンを
チューニングした時に #5〜PWまでの たった6本の中に
3種類のまったく互換性のない形状が見られ
製作中 何度も何度も 同じ機種なのか 確かめてしまいました
違う形状 違う目的 そう言う意味も良く見えず
ただ単に デザインソフト(CAD)を使って モデルを起こした
そう言う風にしか見えません
まして デザインした人は ゴルフをやったことがあるのだろうか
ゴルフクラブの機能や形状を勉強したことがあるんだろうか と。

それぞれの方は 視覚的に 自分の長く使った
良い結果の出た形状を 何となくですが 記憶していきます
コースに行って アイアンの番手を持ちかえる度に
自分のアイアン? という違和感は
決して ナイスショットを生まない と思うのです

同じクラブの番手を替えた! ロフトを替えた!
というのが セットなアイアン で有る筈です。

確かに 市販のアイアンは
ロフトも流れていませんし(並んでいない)
ライ角度もメチャクチャだったり
スチールシャフトで有っても 硬さもバランスも
一定の流れに入っておらず
短い筈の7番アイアンの方が 6番より柔らかいコトも
日常茶飯事に発生してしまう・・・
硬さがしっかり流れている 市販アイアン「セット」に
出会ったことは 今まで一度しかありません

しかし それは 製品誤差や制作上の止む負えない部分で
大量生産・薄利多売をしなければならない
 大手メーカーのクラブで有れば
必要悪 というか 理解出来るのギリギリ範疇 です
IMGA0243

ですが このアイアン非セット を許してしまうのは
何なんでしょう?
このセットを 買ってしまった人の クラブを見る目
クラブに望むことのレベルが
何とか って メーカーの 何とか って機種を
所有さえ すれば 機能美や性能が関係なく 
どうせ クラブに差は無くて
ゴルフは腕の差だから どうでも良いんでしょうか?

ゴルファーにとっての 性能は
使ってみて それぞれの方が実感する モノであって
単に 購入前のカタログに記載されている
うたい文句 では無い筈なのですが・・・

これでは 作る側のレベルも そのレベルまで
落ちてしまうのに 時間は要らないでしょう
何せ 宣伝と知名度があれば 名前だけで議員さんになれる国ですから。