回転 念転 向きの変更 色々な言い回しはあるけれど
多くの 悶絶ゴルファーを見ていると
一番大きなミス・・・特にダウンスウィングでのミスは
上半身を「念転」してしまうことにあります

脚の動き等で 骨盤/お尻の向きを変える時に
それの上に乗っている上半身を更に捻ってしまう
骨盤ライン-俗にいう腰のラインと肩のラインに
向きの差、回転差を作ってしまうところにあると思います


BlogPaint

腰ラインから上で 肩ラインを捻じってしまう機能は
体には存在しません
プロレスで言うところの コブラツイストや卍堅めになって
しまいますから 繰り返す事で体を痛めてしまいます

クラブを持った腕 それは肩甲骨と接続していますが
肩甲骨は体とのつなぎ目で 遊んでいる部位ですから
どちらかと言うと 腕の機能に属するのでしょう
ですから 体・・・ここでいう骨盤より上ですが
それに対しては クラブと言う負荷を持っている分
やや遅れ気味になるかもしれませんが
それは意図的な行為ではなく 結果論 です

まして 遅れるのは 結果論であっても 腕回りなのであって
上半身(ランニングシャツ)の部分に捻じれを作ることではありません

この動きを意図的に作れば
クラブは右に倒れ ゴルフクラブを手にしている状態で
クラブは一番重い状態になる上に
動作の進行方向は左になりますから
体の右側に 非常に大きな負荷が掛かります
 そして 結果的に右サイドが下がっていくでしょう

右が下がり 左が上がれば
まだ ボールを打っていないのに
ボールに対し 離れながら 遠くなりながら
ボールを打ちに行くのですから
キャスティングし 一番クラブと腕が長い状態に
しなければならず その状態では前傾姿勢も解かれますので
えらい 複雑な上に 体の負担も少なく有りません

クラブを下に振らず
キャスティングしない様に注意しているゴルファーも
骨盤の向きで
クラブの位置を3時から12時に出して来れないと
腕さばきで 3時から12時出してくる動きをすると
結果としては クラブを下に振らなければ
ならなくなりますから
付帯的に 前傾も失いますし
インパクト時に体のラインも左に開き
肩ラインは上に開くことになります

体の向きの変更
自然な向きの変更で
クラブを3時から12時に出して来る

この動きが出来れば
出来ていれば 自然にロフトは立ちます
弾道も低く 距離も出るようになります
前傾も維持されますし
ボールの飛び出る方向も
インパクト時の体の向きで決まるので
方向性も断然良くなります

ゴルフの悩みは概ね解決したようなモノです

でも これが難しいんですよね
BlogPaint

ひとつ アドバイスです
テークアウェイで
ちゃんと脚を使ったお尻/骨盤/秀二の向き通り
クラブが動いていますか?
この時点で上半身を捻じっていませんか?