スウィング改造をする際に 認識しておいて貰いたいことがあります

スウィングは 縦と横の複合&同時進行 の「仕事」なのですが
こと 人間の動きに関して言えば
打つ人のイメージする 縦 と 横 は
実際の縦と横 とはかなり異なります

BlogPaint

正し縦の動きは 重力に対する動きで
   重力方向を指します
正しい横の動きは その重力に対する水平な動きです

しかし この場合 の 動きは人間の動きを指すのではなく
クラブの動き(移動)を指しますので
それを行おうとする 人間は
ある意味 変な姿勢で構えていますから
スウィングの縦 イコール 人間の感覚的な縦 とは限りません
いえ 全く異なる と言う認識の方が正しいと思います

なんだか ややこしいハナシですが
人間のイメージする「縦」や「横(水平)」と
実際の縦/横は 完全に異なる と認識して下さい

逆に スウィング上の縦の問題を解決する場合は
イメージでの横(水平)なモノで解決し
スウィング上の横の動きを解決する場合は
イメージでの縦の動き
とも言えるのです(ホントにややこしいですね)

人間が行う縦の動きは
体の傾きを維持し 向きを変える事です。
横の動きは やはり向きを変える事です
利き腕のクランチを使って
クラブが倒れないようにし
向きを変える動きに対し
クラブが開かない様に先回りする感じ


ゴルフスウィングを簡単に文字にすると
以上で おしまい なのです
分ります?! 分りませんよね

基礎的には まず 正しい体の向きの変更
傾きを維持できる 向きの変更
上半身を捻じらない 向きの変更
お尻(骨盤)の上に乗った上半身が一体になって動き
をしっかりと身につけて貰いたいのです