BlogPaint同じ目的を達成するのに 違う方法を取る
それを突き詰めていくと 違う形状のモノを使っている!
 そう認識すると辻褄が合う

ゴルフクラブが 他のスポーツと違う 打点と棒のズレがある形状をしている理由を追いかけていくと

1.ズレが無くならない事を基本に使う
2.ズレが無くなる事を基本に使う


この二つに分かれてしまうと思う

柔らかいシャフト&重いヘッドを好んで使うハミングバードとしては
ズレが有る利点、そしてズレテない事の利点を熟考し ゴルフには二つの顔が有ると言ってきた 
 ☆動いていない時のズレのある状態
 ☆動いている最中のズレの無い状態

ズレテいる状態でクラブやクラブヘッドを動かすと かなり複雑な遠心力や重力などが運動中に掛かってくる。それら一つ一つを検証していくと ゴルフショットの大義である ボールを目標方向に大きなエネルギーで打つ という事につながらない 逆にそれを阻害する不可抗力の方が圧倒的に多い
ヘッドがボールのところにダイレクトに行こう! とする運動に対し
ズレがあり それを回転させながら となると
その作り出す不可抗力は ボールではない方向に行こうとするし
その ヘッドで ボールを 目標方向に 
というのとは結びつかないモノが多過ぎる

そして ドライバーなどの最大の懸案
大きなエネルギーを! というのも
ズレのある状態のまま 使えば
大きなエネルギー… 例えばヘッド重量、長い重心距離 etc
があれば あるほど その力は 距離では無く
スピンや高さに化けてしまうだろうし
根本的なエネルギーのひとつ スピードを低下させてしまうかもしれない

BlogPaintオンプレーンスウィングなどの打撃方法は
クラブヘッドを如何に水平方向に「速く」動かすかに エネルギーの相対量は掛かっている訳だからヘッドの重さ そのモノが邪魔になるだろうし重心距離も重心深度もなけれなない程 効率は良い筈だ

ズレのある状態で 水平方向に 速く動かせば必然的に ロフトは開いてしまうし ウエッヂであれば バンス角度が増えてしまう… フルショットの場合はローテーションしなければ ハイボールスライスしか出ないし ウエッヂで有れば市販状態でバンス角度の極端に少ないモノを選ぶことになるだろう

先人達のくれた ズレテいるけれど ズレテいない
ものすごく都合のよい そのメカニズムを 今のゴルファーやゴルフ用品界は捨て去ろうとしている
運動能力を基本とした筋力や年齢で 事を解決する
力や物事を解決する「アメリカ的」なシステムの流れに違和感を覚えてしまう