昨日の続きになります

クラブや腕を動かすタイミングが遅くなり
ゴルフクラブは長い棒の先の重さが付いている物体
更に クラブヘッドは 棒よりも進行方向(飛球線方向)右に
重さがありますから 動かし出し が遅くなると
重くなり そこに留まろう とする力や
下に落ちようとする力が
スピードの二乗倍に増えていきます
重くなると 寝よう 下がろう としますから
クラブは重力に対し より長く より重く より長く より重く
なりますので 結果としては
 倍 二乗倍 なんてモノでは無いのでしょう

正しい トップオブスウィングの場所
(厳密である必要はありませんが…)
その位置が ゴルフクラブの一番軽い
一番動かし易いポジション というか
クラブの不可抗力が ボールを打つのに味方してくれる
そんなポジションで
そこで作られる不可抗力は 正しく 楽に ボールを打つ方向に
誘導してくれるものです

ヘッドが上にあって グリップが下にあれば
クラブ自体も軽く感じますし
これから 下方向に動かそうとした時 そのクラブやヘッドの
重さが それを手助けします
ところが 逆に ヘッドの方が下にあってグリップが上にある状況では
クラブは重くなり クラブ自身はそこに留まりたがります

クラブヘッドはクラブの軸線よりも 右に重さが偏重しています
ですから 右から左への動きが苦手 ですから
出来るだけ クラブヘッドが高いうちに 右から左へ移動した方が
楽に スムースに出来ますし
前傾姿勢を利用して 上から下 の動きと
右から左の動きが混じっていた方が より労力は少なくなります


この映像で見ると 
多分ご本人はクラブを寝かそうとは思っていない筈ですが
クラブの動きだしが遅いので 徐々にクラブが寝始めています
クラブが重くなり フェースが上を向き始めているので
右腕への重量負担が増え 右肘が下がり始めています
それによって 徐々に左肩が上がり始め
体の回転 骨盤のシンプルな回転の中に 上下の動きが入り始め
結果として 上に振るような現象 が起こってしまいます

右向きの利点 が使える時間が過ぎてしまい
クラブが 腕の中に右に右に 下に下に動こうとしているので
まず 下 そして 左 と二つのアクションが必要になってしまっています

シフトを「意識していた」としても
想定外の重さのクラブが右 右腰辺りに掛かってしまうので
下半身だけ左に行き 頭は残ってしまうような
右に対する「くの字」になってしまい
より 左サイドが上がり始めますから 逆に右サイドは下がります

そのシフトも その動き「だけ」を意識するよりも
 いつ するのか
の方が重要な気がします

右サイドが下がれば ボールと右肩の距離は近づいてしまい
右腕を伸ばすチャンスがすくなくなりますし
仮に伸ばしたとしても どこかがボールから離れながら
その距離感を調整しつつ の動きなので
 絶対に 正しいロフトでインパクトする事は出来ませんし
クラブの長さなりの 上からの入射角度も実現しません