ゴルフをしない保険屋さんとか税理士さんとか、シェフなんかと
ゴルフの打撃方法の話になると 必ず
 「ゴルフは遠心力でボールを飛ばす?!」
という話になる。

ゴルフを自分でしない人にとっては ゴルフクラブの形状やスウィングの視覚的要素が
円→遠心力 のような想像を掻き立てるのは 至って自然な事だと思う
室伏選手のハンマー投げのイメージがゴルフのスウィングに被るのだろう…

しかし いざ 自分でゴルフクラブを手にとって
ボールを打ってみようとすると

ハンマー投げ・・・遠心力打法 をイメージしてボールを打つのには
ゴルフクラブの形状はちょっと異質・・・
IMG_0068
握っている棒の延長線上には
打撃ポイントが無く 打点は少しズレテいる。
ここで 困惑するのだと思う
遠心力を使いたい → でもそのイメージではシャフトで
ボールを打ってしまう(シャンク?)
シャフトよりも外側に打撃点、打撃物の有る形状は
ある意味、遠心力を活用するのには反対の形状
 と言ってしまっても間違いではない
特に ボールが当たり始めて苦しむ「スライス」を
抑制するために行う ヘッドの開閉 にとっては その打撃点と握る棒の位置関係は
遠心力を活用すると より開き易くなり よりスライスが強くなる
開閉をする事と遠心力を結びつけるのならば ヘッドと棒の関係は逆・・・?
 シャフトに対して 自分側にヘッドがある形状の方が双方、同時に活用し易い?!

ボールにヘッドが当たり始める時に もう一つの難関は 上下 である

人間の目は横に並んでいるので 水平方向の動きには比較的強いのだけれど
縦の微妙な遠近感というか 上下感 というのは水平感よりかなり難易度が高い
ボールの大きさは4センチ位で それをある程度の許容範囲で上下にずらしても
プラスマイナス 2センチ以下のミスでないと ボールは打てない…

 これにも クラブの打撃点のずれた形状がかなり大きく響く

遠心力は使わなければならない
 しかも それを利用し 縦横ずれた打撃点で ボールを打つ
  そして 更に フェースの向きも目標に向けておく こと

今一度 自分が初心者になって考えてみて欲しい
これは かなり非現実的な発想というか
ゴルフクラブの形状とマッチしないんじゃないだろうか…

 正しい例えでは無いかもしれないけれど
もし 垂直に垂れた棒の先に網を固定し
地面に落ちている石なり ボールなりを網で拾う としよう
ロープの延長線上に網をセットし その目標物を 目標物に直接向かわせた方が
より確実なのではないだろうか…
ゴルフクラブのような関係に網をセットして 遠心力でボールを拾わせるには
ずれた部分の重さ(この場合空気抵抗なども含む)や捻じれなど計算に入れて
何度も 何度も実験しないと上手くいかないだろう
ロープの先にゴルフクラブのヘッドとシャフトの関係のように網をセットしても
ロープは目標の石なりボールに向かっていく間
 ぐるぐると逆周りに回転し始めるだろう…
何か 補助具を付けないと その関係では上手くいかないと思う
ボールを拾う正回転の方に回転させようと 常時 網の先端なり網の棒に
負荷として掛けておかないと 放っておくと ボールを拾わない方に網が行ってしまう…


遠心力を使わない とは言わないけれど
遠心力とクラブヘッドの関係 をもう一度良く考えて貰いたい
どうなると 遠心力が利用でき ゴルフクラブの形状が利用出来るのか

この単純なボタンの掛け違いが何十年にも渡って ゴルフの悩みを生みだすことになる