なるほど! なるほど!
20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット

一番の迷い というか
何故 ゴルファーがゴルフクラブと仲良く出来ないのか…

僕もスウィングは 縦と横の分割 同時進行だと思っていた

違う! 間違っている!

総合して考えると
縦の行為(上げる/下げる) が 水平の行為を
難しく 複雑にしている

今 流行りのオンプレーンスウィング なんかを見て
言わんとしている事 模索している事自体は理解出来るのだけれど
前傾姿勢に対し 垂直にクラブを動かしたのでは
先端にある 破壊力の源 ヘッド重量には位置エネルギーを正しく造れない
… クラブ扱いとして ヘッド重量を有効に 便利に使えない

例えば 肩も含めた 肩から先を全く動かさず
脚を使って クラブを横   前傾姿勢に従って 横(水平)に動かせば
エネルギーそのモノは作り切れていないけれど
ヘッド重量を有効に 便利に 出来てはいないけれど
それは それで 間違ってはいない
基礎練習としては ここまではあっている

しかし ここに 人間の上げる
ヘッドを高くする シャフトを起こす
という 動きを 組み込むと おかしくなってしまう

スウィングプレーン という意味合いは 理解出来る29フレームショット
しかし その結果がこれでは
 前傾姿勢 + 体の向きの変更(右向き)
で 高くなった ヘッドの意味も
失ってしまう

上げる から 下げる

当たり前だけど この行為が 二乗倍以上に
動きを複雑にし 毎回 細かい 適切な調整が必要になる

上げる方 ヘッドが高くなった事を台無しにし
下げるから 動きが複雑になり ヘッド重量の利点も失う



ゴルファーは知識として クラブやヘッドの形状を認識している
でも 人間の目は 縦には付いていないので 縦の認識が難しい
アドレスで見えるヘッドは 上からは平面上の三角形しか見えない

ヘッドは 鎌や鍬の反対  自分の方に鎌首をもたげている 上に
クラブの縦の三角形は 先が大きい   この二つの効果は非常に近い
しかし 人間には 縦方向の三角形は知ってはいるが
実際には見えていない     そうか!
人間の目には クラブの水平方向の形状が認識されていて
それは ある種 動かして欲しいガイドのようなモノなんだ… とすると


  クラブは縦の動きが得意な形状 故 機能として 仕事は縦の動きで
  だから 人間が意志を持って動かさなくても良いように出来ていて
  ゴルファーがやらなければならないのは 横(水平)の動きなんだ


縦横の役割(分割)は 

   クラブの仕事が縦で

            人間が横なんだ

人間自身には縦の動きは不必要で

 クラブ自身には横の動きは不必要なんだ