数日前の記事で ボールの飛球線方向 なんて 話題がありました
それと関連していますから もう一度 読み返して下さい

多分 多分ですよ
皆さんが 大きなミスをしている 原因の一つに
イメージとして 
例えば トップの位置で クラブ(シャフト)が倉本プロのように
地面に垂直になっているとしましょう
それを クルリと180度回転させ
飛球線と垂直(正確にはもう少し立体で斜めも入り混じっていますが)
に しようとしているんではありませんか
グリップを軸点として ヘッドのみをくるりと回転させようと…

ボールを飛ばす破壊力は 500kg〜1400kg です
言い換えれば その破壊力をゴルフクラブは保持しているのです
グリップを軸に ヘッドをくるりと回転させ 軸点への作用(張力とか遠心力)は
計算内 ですか?
クラブヘッドが作り出す 回転エネルギー しかも 偏芯したヘッドが作り出す
複雑な不可抗力    …それを計算に入れていますか?

その縦の180度回転の時間の中に
軸点であるグリップの位置は 水平方向にも動くんですよ

ゴルフクラブは 右から左への動きは特に苦手をしているんですよ

先に自分が行って ヘッドが来るのを 待っているんですか?

ヘッドが縦に180度回転している 自分は右→正面→左 に向きを変える
(もしくは左にスライドする)
その結果 ヘッドは想定よりも 右に落ちませんか しかもロフトが開いて…


  だから そのズレを想定して 正面では無く 左にずれて(スライド)
 自分の正面に対して 右に落ちる 自分の右足の前に落ちるヘッドを
 ボールのところに持ってくるようにするんですよね?! 違います?
20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット

全部 間違いです
では 騙されてみましょう
あくまでも イメージです
実際には出来ません
イメージするのと
今実行しているのとの真ん中に収まります
トップのクラブのスタートは地面と垂直 としましょう…
今までは 180度縦に回転させる
ではなく
90度にして下さい
インパクトのイメージは
シャフトは地面と平行
フェースを使って ボールを地面に押さえつけて下さい
地面とフェースでボールを逃がさない = つかまえるんです
さぁ 考えてみましょう
どうやって 地面と平行なクラブで
ボールとヘッドをコンタクトさせるか を。

つかまえる = 袋小路に追い込む
 逃げ場を無くす 事じゃないですか?