今日は 僕の脳内イメージを言葉にしてみよう

一番 皆さんと違うイメージは

ボールを打つ方向のイメージでしょうか

多分 皆さんのスウィングやクラブ扱いを見ていると

スウィング 動作中に ボールを目標方向に打つ

という イメージがすごく強いと思うのです

僕は ボールの飛ぶ 方向のイメージは

動作中には一切持ちません


sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット



何故ならば ボールの飛ぶイメージは

概ね 水平方向のイメージ だと思うのですが

実際に ボールが飛ぶ方向を司っているのは

ライ角度や 入射してくるヘッドの角度など

縦方向に関係しているモノが多いので

その 双方が 結びつき難いからです



 
アドレスをセットする


これが 方向を司っている 最大の行為で

これ そのものが 方向 と言っても過言ではありません
sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット

勿論 ライ角度を含めた立体的なモノが

ボールの飛ぶ方向を決めていくのですが

ドライバーで言えば 時速140キロ以上で動く物体を

運動中に 制御したり 調整することは かなり 難しい と言えるでしょう

切り返し〜ダウンスウィング で 飛球線方向を完全に意識しない

 とは言い切れませんが クラブやヘッド 体の部位 は

どれ一つ とっても 飛球線方向と平行に 動く事はありませんし

飛球線方向に向かって 動いて行くイメージもありません。

ライ角度は ある程度 頭にはインプットされていますが

その ライ角度は 極めて 飛球線方向と 似ても似つかない関係 です

感覚的には 切り返しから シャンクの飛ぶ方向/斜め下に

ヘッドに引っ張られて 体やクラブが動き

ライ角度分 引っ掛かって 結果 飛球線の方に飛ぶ

そんな感覚でしょうか…      非常に分り難い ですね  すいません。




その際に注意している事は
クラブを出来るだけ 体から離さない事、
(結果は離れていきますが…)
体のセンターからクラブが外れない様に
両腕 両肘で 体に平行に 特に利き肘でサポートしていくのですが
時間が動けば 体の向きや位置も動くので
それを計算に入れ その向きを決めていく事 です