前日のAさんの 最近のドリル映像から見てみよう

前日の 二つの映像から比べると 大分 ヘッドの位置良くなっている
非常に 真面目な日が故に これを 練習し続けているのだろう

ただ 今日 Aさんを呼び出して
スウィング映像を取ると
前日の二つの映像との違いは見つけられないかもしれない

何故ならば このドリルは スローな動きであるけれど
元のスウィングと同じく
体が下の方から動き
結局 ゴルフクラブの横の動きを
肩周りの動きで行っているのが分るだろうか

骨盤の上に乗っかっているから
上半身が動くのではなく
骨盤も動くけれど ヘソから上の
特に肩周りは単独で動く
体が正面を向いたときは
高さを除けば ボールとヘッドが同じ位置にある筈なのに
横の動きをやっぱり 腕回り 肩周りで行うので
どうしても 最後に クラブを 縦 もしくは 横 に振らなければならない
Aさんの場合は 縦にうごかしてしまう
その動きが加われば ヘッドはゆりかご ブランコのように
動いてしまうので 結局 ボールの底面を
コスって行く事から 逃れられない

体の向きの動き(含むスライド)
自発的にするか クラブの重さや本能でするかは
 今回 割愛するとして
体の向きの動きで クラブがインサイドから入ってくる
体が右を向いている動きの最後
正面 もしくは 正面を向く直前 で
ボールとヘッドが 体の向きで
コンタクトする
という 一番ベーシックな動きが 欠落している

その動きで ヒット するから
右を向いている = 右サイドが高い
その右から左に動いてくる

→だから 上から打つ

という 体の向きでクラブを動かせば
インサイドから打て
上から打てる

という ゴルファーみんなが望んでいる動きが
たった 一つの動きで出来るのだ

それを 腕や肩周りの動きで行えば
横には捻じりの動きが付いて回り
縦には重さの増加や道のりの増加も付いてまわる
数倍 では済まないほど 調整が必要な動きになってしまう

上手くコンタクト出来たとしても
ヘッドの軌道が 同心円状の同期した動きよりも
必ず多くなってしまうので
必ず ロフトが増える効果が発揮され
上がるか スピンが増えるか 飛ばない
になる事は 打つ前から確定している

体の向きの動きで ボールにコンタクトしてくれば
前傾姿勢の分 上から入ってくるので
Aさんの インパクト直前に下に振る動き
届かないから 仕方ないとは言え
一番 ボールを飛ばさない アクションが
インパクト直前 直後に入ってしまう