懐かしい響き ですよね
最近 この言葉 使っていないですから。

ま 名称なんて 何でもいいんですけど
約 この一年で 飛躍的に クラブ扱いの向上した人が続出し
正直 もう 僕の教えられる事は クラブから教わる事を
超える事は出来なくなって しまっているかもしれません。

しかし その反面で
変わりがなかったり 重いヘッド 柔らかいシャフトのお陰で
球が上がり過ぎたり 抜けてしまって飛ばなかったり
苦労の連続… 悶絶を繰り返している人も残っています


クラブ扱いが良くなった人達の 意見を総合的にまとめると
 クラブの持っている 構造上の機能、形状の機能 を使って
通常 言われている ゴルフスウィング理論の 殆んどをクラブに行わせられる
自分でやる事は非常に少なく 逆に物足りない

覚えるコト の 一番の山は 
 バンジージャンプ や スカイダイビングに近い と。



この映像を よく見て貰いたい
弊社で言うところの 立体刷毛塗り である
クラブ扱いの山を越せた人にとっては これそのモノが
ゴルフのスウィングである事が分ると思うのだけれど
悶絶している人には これが 打撃と結びつかない

平面刷毛塗りも動きも 悶絶中の人にとっては
これでは 飛ばない  これではフルショットが出来ない




クラブの機能を使おう
を勘違いしている方がいらっしゃると思うのだけれど
ボールを打つ その瞬間
ボールへの影響
と言う意味で クラブやクラブヘッドがあると言うよりは
ゴルフクラブの機能は
それ以外の人間の動きを司っている
クラブの形状や重量配分は
歪な部分 偏っている部分が多い分
ハッキリと 人間の動きを
良い面でも 悪い面でも制約する

正しくゴルフクラブの機能を使う
の本当の意味は
クラブの形状 重量配分に
誘われて 動く
クラブを移動させる事で

まず 自分が動くコト によって
クラブを動かす
というニュアンスを持っている限り
かなり ゴールは遠いのだろう…

牽引しているキャンピングカー 後ろのキャビン部分が
ゴルフクラブ みたいな イメージを持っている限り
後ろにある キャビンは走行中は
邪魔な 運転し辛い産物 でしか 無いのだろう