スウィング と言う言葉の本意が

 
ボールを打つ事そのもの を指すのか

 
正しくクラブを扱う事 を指すのか

どちらを指しているかに よると思います



単に ボールを打つ事 を 指すのであれば
何種類か と言えないほど スウイングには無限な程 種類があり
なにか で分類が出来るほど 少なくないと思います

米国居住中の頃 自分の所属しているゴルフクラブ(コース)にいる
所属のプロ は 右打ち なのに 左右逆にグリップしていました
勿論 クラブプロですから 上手に球も打ちますし スコアも凄い
そのクラブ内で そのクラブプロに 距離で争える人は 一人もいませんでした。

アメリカには 曲芸を専門とする ゴルフプロもいて
ソールで 正確にボールを打てる人や 
意図的にシャンクを打ち続けられる人もいます

どんな理由かは別として ソールでボールを打ち
遠くへ飛ばし 安定している ゴルファーに
なん人たりとも 意見する事は出来ないと思うのです
その人は そこで打ちたい そうやって遊びたいと思っているのですから…

125



ただし スウィングの持つ意味が

 正しくクラブを扱う事や

 クラブの基本機能を使って ボールを打ちたい もしくは

 筋力や運動性能に依存せず ボールを打ちたい

と言う事になれば それに種類はない と思います

何故ならば ゴルフクラブは

他に例をみない位 ヘッドをとっても クラブを取っても

上下 左右 前後 非対称 な形状

 非常に 偏った 歪な 重量配分 になっています

それを 運動中に
 あれを どのタイミングで この位 こうして

 それを どのタイミングで この位 こうして 

 なんて 複雑に動かす事を

許容するとは 到底思えない程 

複雑で いびつ な構造をしていると思えます



BlogPaint

例えば 非難している訳では ありませんが
こんなテークバックのプロがいます
平均的なアマチュア よりも 遠くへ飛び
スコアは比較しようがありません
同じところに 同じボールを打つ技術は非常に優れており
同じ土俵の上であれば 当然 このプロの方が良いスコアでゴルフをします

しかし 我々 おじさんゴルファーが この真似をして
ボールを打てば 体力的なトレーニングも含め
かなりの訓練が必要ですし
ある程度 習得しても 常時メインテナンスが必要です
何故ならば ゴルフクラブの基本機能をあまり有効に利用する
打撃方法を取っていないのですから。
筋力の衰える一方のおじさんには
この打撃方法で 体を痛めず 遠くへ飛ばしたり
安定してボールを打つのは かなり困難だと思います

効率よくボールを飛ばす為の重量
安定した方向を生みだす為のライ角度
同じ距離を生みだす為のロフト角度
を このテークバックの時点で失っています
別な言葉では 放棄しているから です

前日の記事にも有りましたが
体の傾き分 地面を傾斜させ 直立状態に体を起こしてみると
正確にではありませんが こんな絵になってしまいます
2fe38c6f
皆さんも経験があると思います

本来 高さや距離はロフト角度
方向はライ角度 が司っているのです

しかし 自分の胸の高さのボールを打つ時
方向は ロフト角度
ライ角度はロフトの役割もしなくなってしまいます

更に クラブを単に 横に動かしているだけですので
テークバックで クラブヘッドに 正しく位置エネルギーを
与えていない事になります


クラブを正しく扱い
正しく機能させる事が スウィング であるのなら
これは 良い参考例ではありませんが

しかし こと ボールを打つ事に関しては
これも スウィング です

テークバックで いったん ライ角度 ロフト角度 を
可変にしてしまっても 元に戻せれば良い訳です
ヘッド重量が重力の作用を伴って作る筈の
ボールを飛ばす破壊力・エネルギー
この場合は 利用できませんが
それに代わる 代替えのパワーなり スピードなりが
あるのであれば 遠くへ飛ばす事も可能です


ですから 一般的に語られる スウィングとは

☆ボールを打つ事

☆ボールの打ち方

☆体の動かし方を指し





ハミングバードでは

☆正しくクラブの機能を使う方法

を指しますので 双方の 最大公約数は少ない
と言う事になるのでしょう