刷毛塗りドリルを繰り返すと
アプローチやパターなど 距離を必要としないショットには
割と 短時間で成果が出るお客様が多い

ゴルフの場合 そこを抑えておけば そこそこのゴルフは出来るので
スコアに対する 保険みたいなモノは掛かると思う

 しかし ある程度 遠くに飛ばそうとすると
なかなか 上手くいかず 苦しんでいる人も多いと思う

  刷毛塗りドリル → ショットに馴染ませていく上で
 うっかりと 忘れてしまう事がある
sample 2009_11_10_22_54_10-570フレームショットsample 2009_11_10_22_54_10-596フレームショット











刷毛塗りドリル 腕だけの動きだと こんな感じになる訳で
両肘 特に 利き腕の肘を上手に使って 
クラブをスライド
常識的な スナップの横ビンタの動きの反対の逆スナップの動きを作る訳で
ヘッドを振るような グリップの支点運動では無く
 クラブ全体と進行方向 に 右から左にスライドさせる

これをショットの中に組み込んでいく上で
ゴルフクラブは 地面の平行に飛球線方向に動く
 そう勘違いしてしまいがちだけれど

   
ゴルフショットには 前傾姿勢がある

 と言う事を忘れがち である

つまり インパクトするまでは
体は概ね右を向いているので
 右を向いている → 前傾姿勢の為 右サイドの方が高い
 刷毛塗りはクラブを右から左へスライドさせる
となるので クラブは 前傾の傾き分
 上から 右上から斜めにスライドしてくることを忘れてしまう

斜め上から スライドの意識をしっかり持っていないと
クラブヘッドには重量があり それに位置エネルギーや
運動エネルギーが加わってしまい 想定以上に重くなるので
意図していない 振り子の運動が入ってしまう

 → そうなると 高さに対し 平行に動かそう(本当は斜め上)
 としても 想定よりも重くなってしまうので
 結果としては 一番低いところの発生する 高さに対する振り子
 になってしまう…

だから 刷毛塗り → ショット が結びついてきた人は
 インパクトが やや下目から あおって入ってくる ような形になってしまい
 ものすごく 飛ぶ とか フックするとか 届かない とか
 それぞれの人のスピードややり方にもよるけれど
 別な症状が発生してきてしまう

刷毛塗りの基本は
 クラブを地面に対し 平行にスライドさせるのではなく

 
分の上半身に対し 平行にスライドさせるもの

染みついた 視覚情報への依存度 が ここにも出てしまう訳だ

上半身に対し 平行に右から左 へ 動かす意識
      ・・・結果は そうは見えないけれど
 それが 前傾姿勢   その時々での体の向きに応じての左右の高さ
 それらの融合によって ヘッドが上から入ってくるので

意図的に ハンドファーストを作ったり
 意図的に ヘッドを上から下に動かすのではなく

 刷毛塗り + 前傾姿勢  そして その維持と体の向きが

インパクトに対して ヘッドを上方から 入射させてくるのだ