オーダーメイドゴルフショップ
ゴルフに限らず オーダーメイドする限り
そのオーナー 作る人のノウハウや考え方 人柄まで
製作することに影響が出てきます。

さぁ これから ショップを開業する…
どんな お店にしましょうか

2f69dcd8.jpg

石川遼君やタイガーが使っているクラブはコレ!
みたいな HP やブログを作り それを販売しますか

そうすると 当然と言えば当然ですが
その手を欲しがっているお客様が来店や連絡して来ます。

 非常にレア! タイガーの実使用のパター1本 100万!

日本全国から 問い合わせが殺到するかもしれません 

 しかし 雑誌等で 売れている とか
人気が有る とか  新発売 とか
クラブの機能や効能をうたわずに販売するような
そんな手法でお店を展開すると
結局 集まってくるお客様も そう言う
うわべだけを気にするようなお客様で構成されます

お店や商品が ディズニーランドのような状態であれば
わんさか お客様は来るかもしれませんが
向ガ丘遊園や多摩テック、ドリームランドのような状態に
陥れば 見向きもしてくれません

売れていないお店や商品は イコール
 駄目な商品 駄目なお店 の烙印を押されてしまいます。

個人事業の場合
景気が良くて バブリーな状態の時は
放っておいても 売り上げは上がりますが
始めから パイのちいさな「お店」を展開するのですから
世の中が冷えてきたときに もろに影響が出ます。

人気 有名 売れ行き   そんな宣伝文句で
商売をしている限り 長い意味ではお店は継続出来ません。


 そう 同県に 弊社とまるで 反対のお店があります

      男は硬くなきゃ イカン!

 
ゴルフクラブとしては 反対しますが
その考えには 敬意を表しますし
バタバタとゴルフショップが潰れていく中
そのお店はいまだ営業しています

その反対に 関東地区を一時期 席巻する勢いだった
お店は クラブの作り そのものには ナンのコンセプトも無く
有名 プロ野球選手Aさんが実使用 とか
タレントのBさんが使っているとか そんな売り文句でした
そのお店の本店は同市にあるのですが
この5年シャッターは閉まったままです

また 辞めてしまう お店の典型は
お客様が何とかアマ優勝とか クラブチャンピオンになったとか
やはり クラブの効能とか機能は説明しません。

一般的に 何とかアマ とかに出て
良い成績を出す方は お金と暇を持て余している方が多く
ゴルフクラブ云々よりも それだけの コース歴と練習量
ゴルフにそこまで時間をお金を掛ければ そうなるでしょ!
って方が少なく有りません。
その方たちをお店の宣伝に使うとなると
そのお店は その方にとって 男芸者みたいな存在になってしまいますから
それは お店そのモノにコンセプトが無くなってしまいます

反感を買いそうですが
よくお客様で スチールでアイアンセットを!
というご依頼が有ります
代金はのどから手が出るほど欲しい
のですが お断りします。
ま スチールを組ませても 僕が日本でナンバーワンだと思いますがね…

スチールでアイアンを作るのは
グラファイトシャフトのウッドとの共存を
始めから否定することになりますし
装着するアイアンヘッドも軽量 小振り
ヘッドの機能は要らない!
と宣言しているのも同じです
クラブの機能は要らん!
のなら オーダーで作る理由はまったくありません。

最近では 中古ショップやネットの無店舗販売があり
ものすごく安い価格でアイアンセットも販売されています
それで 十分です

少なくともオーダーメイドで作るモノは
それよりも高額になります

そんな下らないお金の使い方は
ゴルフそのものの基本発想と異なります

俺は上手だから とか
オーダーだと上級者らしく見えるから
そんな思いでお店には来ないで頂きたい
そう 切に願う店主もいる のです。