ドラムショット練習してはいけない訳ではないけれど
球を打たない練習の方が重要だと思う

自分の運動経験ではイメージや局所的な動きを
その運動とはかけ離れたところで身につけてきた。

僕は 重いヘッド 柔らかいシャフトの
脱力系クラブを使って ボールを打つ限り
遠くに 正確に 出来るだけ筋力に頼らずに
打てるようになるには ボールを使っての練習は
あまり意味が無いように思える

運動不足解消や球馴れという意味では良いけれど
距離感を磨く以外 練習場での練習は
害の方が多いように思えて仕方がない

僕は大まかに 二つの事が出来れば良いと思う

一つはしつこいようだけれど
脚を使った お尻 骨盤 体 秀二 etc の向きの変更が出来ること
すごく 簡単で シンプルな事だけど
これが出来る人はひじょ〜に少ない
逆に これさえ 出来れば何とかなる とも言える
(今回の記事は一つだけ ね)

違う目的でやっているから ちょっと雑なんだけど
このように 脚の動きで 骨盤を動かし
クラブをもった腕 それの生えている肩の部分は
骨盤が動いたから 動く…
電車の乗っていると 電車が動いているから 移動するので
腕や手を動かして動くのは 止まった電車の中で走っているのと同じ

言葉でもう少し説明すると
右向きの動きを作るのには
  ★まず 右の脚を地面に対し 直立させる
    体の右足へのスライドから始める
  ★直立より 右に行かない様にすると
    お尻が回転して 向きを変える
ただ それだけ
前傾姿勢が有るけれど
体や背中を捻じらず 純粋に骨盤だけ 動けば
その傾きのまま動く筈

その動きを腕で行ってしまったり
その動きを肩周りで誘導するような事をすると 全滅、討ち死に…

 この時 自分から回転する意思を持たず
  軸足 両方の直立脚をしっかり作る
     *ど ち ら に も ぶ れ な い


普段から 打つ時や 練習する時に限らず

クラブを手にしている限り

何度も言うけれど 絶対に手や腕でクラブを横に動かさない事

これは 習慣付けてやるしかないし

実は これが 正しいクラブ扱いの基本中の基本
 
すべて とも言える

これが出来ないのに 先には進めない


これを阻害するイメージは

 遠くへ飛ばす = 速く動く

 速く動かす = ヘッドを動かす

ヘッドを動かす という言葉自体がそうなのかもしれない

だと思う


視覚情報で入ってきている
スウィングのイメージ
これを作るには その動きそのモノを
なぞったり コピーしてはいけない
実は 全く違う 全然違うモノを作ると
結果 不可抗力が伴い 同じ視覚的な動きになるのよね


で 難しいのは 右から 左でしょ…
腕の動きは 後回しで
脚 体の動きだけトレースするけど

右を向いている

左膝が深くなる、低くなる

頭 体が左へスライドする

★右の直立脚が解ける

★右向きが解かれる

★マークは自発的には考えなくていいんだ

この一連の動きでの 禁忌な動作は

×回る(腰を動かす)

×右足で蹴る

という皆さんの大好きな動き
それは 全部 ゴミ箱に捨ててしまえ!

頭が左にスライドしないと
重たいモノが右に残るので
体が横(右)に反った状態になるので
痛めちゃう、壊れちゃう

この動きも
運動的には難しくない筈
むしろ 簡単

でも 自分で率先的に 行う運動とは
言い難いので
いままで 個々の部分を気合いで訓練したきた皆さんには
かなり 無気力感が強く
飛ばないような 弱い球になるような
気合いが入って無くて 申し訳ないような
感じがして 精神的に受け入れ難いんだと思う

だって 誰よりも 無気力に見えて
脱力して見えて 飛んだ方がいいんでしょ?!


気合いで 飛距離稼ぐのなら
ハミングバードのクラブ 使う理由はあまりないと思う...

気合いでいけばいくほど
運動性能でいけばいくほど
新「悶絶」は言う事聞かないよ


左の直立脚が出来たら

後はクラブの作る遠心力に任せて

体を回してしまいましょう

終り


ともかく 動作 動き スウィング よりも
クラブを持っている時 いかなる時でも
どんな場合でも ボールと関係なく
クラブの横の動きを手や腕で行わない事

そして 頭の中の余計な観念を捨てる事


技能的には非常に簡単だけど
精神的には非常に高難易度なのかも知れない...