アドレス(ポスチャー)の改善
正しくゴルフクラブを扱うのには非常に重要である。

しかし これも グリップも改善と同じく
自分が「どうゴルフクラブを動かし どう ボールを打つか」によって
決まってしまうので なかなか簡単にはいかない。

グリップと同じく 概ね正しい グリップを アドレスを 作ったとしても
違和感が強いし 不快!だし 結果も惨憺たるものだから
数十球 いや 数球 で元に戻してしまう
余程 ハミングバードのクラブで悶絶体験が無い限り
結果や違和感を無視して 酷い結果を甘んじる人は少ないだろう

でも とりあえず 説明しておこう…

オンプレーンスウィングが巷の主流になって以来BlogPaint
振り子のパッティングストロークが主流になって以来
 このような アドレスを非常に多く目にする
写真ではすこしオーバーに再現して貰っているけれど
直立した状態から 単にボールの方にお辞儀しただけ…
直立とお尻の位置関係が殆んど変わらない。

このポスチャーでは 運動中 体重がボール側/つま先に
多く掛かるので バランスを取る為に ヘソから上
肩甲骨を動かし 背中を捻じらなければならない。
逆に言えば 腕を使って クラブを横に振る為に
このポスチャーを取っていると言ってしまっても良いだろう
この姿勢では 腕が体の方に近づくアドレスになり 必然的に指先側ではなく
手のひらでガブッと握るようなグリップになってしまう…

BlogPaintこちらは 正しい姿勢。
直立状態から お尻を後ろに下げ
靴の真上で体を くの字にしているから
体重配分は非常に安定している
重たい頭も 体の上の乗っかるようになるので
気付かないうちに 不自然に下を向く事もない

しかし この姿勢にするのには グリップのある程度
正しくなければならないし
クラブ扱いも 腕で 仮面ライダー/欽チャン走り にして
クラブの水平方向の動き を 作る事も辞めなければならない
グリップ ポスチャー クラブ扱い すべてが揃わないと この姿勢は維持出来ない

くどいようだけれど 違和感は強いし 快適ではないし
距離も含め いい球も多分で無い
 スウィング改造/クラブ扱いの変更 をお題目としている限り
   まず このポスチャーは不可能と考えて良いのだろう。