両の手のひらで 両側から クラブを挟んでいる
 指で 全体の動きを支えている

指の中では 特に 人指し指が重要になってきます

 グリップ というと

多くの人が 手のひら(パーム)で握り

 左手の 親指でクラブを 右の手の指群達に対し

  押さえつけているような型 を行っていますが

 指の中では 親指は 一番使わない指

 そう言ってしまっても良いかもしれません。

あえて 握る/支える と言うのなら

 両方とも 小指 薬指  ちょっとだけ中指

   特に 左手の この2本プラス1 でしょう。


しかし 動作中 重要になるのは 人指し指 です。

 クラブを動かさない

  ヘッドを振らない というのが原則ですが

  それの センサーとして 支える機能 として

両方とも 人指し指は重要で

 グリップの形 の中での 指 で 一本だけ

  残りの指とは 離れている のです。


まだ 多くの人は 霧の中にいるような
 何が言いたいのか 掴めないかも知れませんが
正しく クラブ扱い出来る 様になる
もしくは なり始める と この記事「グリップ」シリーズは大変 重要になり 必ず もう一度読むことになります

実は そのグリップに
 クラブ扱いの全てが隠されている と言って間違いではありません。 グリップの型 の秘密が解ければ
体の動き クラブの扱い方が一目瞭然

 すべて その 自分の 手の中 に答えがあるのです

20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット

アドレスも重要になるのは間違いありませんが
ゴルフで 僕の考える 型 は唯一
 アドレスも含めたグリップ のことを指し
  運動中の型は ものすごく曖昧で良いと思います

その型が出来ていれば 完成 ですし
 逆にクラブ扱いを覚え始めれば
  自然と その型に行き着きます 必ず。

        それでは また明日…