昨日のお客様のコメントに


練習で、シャフトのラインとアイアンの重心と思われる場所を合わせて(リーディングエッジがかなり左向く感じ)アドレスしてみました。

違和感はありますが、球は低くなるし、強い球で、不思議とフックしません。

なんとなくミートしやすい気がします。

このアドレスはどうなんでしょうか?


というのがありましたが 実際にはこれはNGです。

でも アドレス時の前傾姿勢があれば

 これと同じ事がテークアウェイ中に可能なのではないでしょうか…


 重心深度もそれぞれですから 一概には全く同じ とは言えませんが

前傾姿勢の傾きが シャフト軸線 重心位置 重力 のおおよその一致を

自動的に作れるのではないでしょうか

ns131


よく スライサーの人が アドレス時に リーディングエッジを
 左に向けて スタートするケースがありますが
  これにより ヘッドがより 外に膨らみやすくなり
   シャフト軸の移動とヘッド重心との運動に差が発生し
    結果として 手で テーク「バック」することになってしまいます





  年末年始の営業のお知らせ

  12/29〜12/30  午前10時〜8時

  年内は 多分 12/31 宅急便出荷時まで 営業致します

  正月は寝込みますので  営業は  1/8(金曜日)の10時からと

  させて頂きます

    せわしない年末ですので 事故等にご注意ください  店主