間違っているストロークを除き

手ではなく 体 骨盤の回転 脚を使ったストロークが

パターも含めた ショットの基本 である

ハミングバードの推奨する 腕回りの インドネシアの踊り的な

 使い方も パターの応用可能だけれど

基本 原則は 脚を使った お尻 骨盤 秀二の動き である

 
 だから パターストロークの時に 前傾を大きく取り

顔や頭(おでこ等)を ボールの真上にかぶせるようなアドレスは

 パターが上手くいかない   …パタくその始まり

基本のアドレスは ショットやアプローチと同じ と理解して欲しい


 その上で 脚を使った骨盤の動き である限り

パターヘッドは 飛球線後方に 絶対に真っ直ぐ引く事は出来ない

決して 手や腕 肩周りの動きで引く訳ではないが

パターヘッドは 飛球線より自分側 内側 イン側 へと 動く

 それは 何となく 分っている


もし パターヘッドの後ろに デッカイ モンキーパンチのマンガに

出て来るような ♂印 や → が付いていて その向きが

 内側に誘導しない 真っ直ぐや 外向きな →(⇒矢印)だったとしたら

 緊張した時 ちゃんと出来るだろうか…


 マレット型   特に最近のヘンテコリンな 品の無いパターを

使っている人が 視覚的にベクトルの読めないパターを使って 

 継続的に 永続的に うまくパターヘッドを動かせるだろうか…


 パッティング程 人間の心理 と道具の基礎機能が 出るモノはない

皆さんの得意な スピードやチカラ では どうにも出来ないから…


 重心配分や 重心位置が売り の ヘンテコリンな パターの

  ヘッド重量は 総じて  軽 い

  「重」心配分や 「重」心位置が 売りのヘッドが 軽い んだ

  変じゃありませんか…

  重心が深い 軽いパター と 重心が浅い 重いパター

  どちらが 真っ直ぐ   良い転がりをすると思いますか…


  コンピューター解析だが何だか分らないけど

 動かすベクトルの分り難い ヘンテコリンな サイケなパター と

 動かすベクトルの見える シンプルなパター と  どちらが

 長い時間 長い期間 長い年数  自分を助けてくれると思いますか…



   使っている人 ごめんなさい
 率直な 僕の意見 です
 最近の 何だか パターじゃないみたいな
 極楽鳥の羽根みたいな 色が入り混じったパター

 こんな ぱたー 使っている自体   アホをさらけ出しているような
 本当はクラブのことなんか全然分って無いのに
 何でも 流行っているモノや売れているモノ 名前の通っているモノを
 使っていれば 自己防衛が出来ると思っている
 僕から言わせれば 他人の経験や 販売戦略に踊らされている
 自分では 自分は人と違う と思っているけれど
  一番 無個性 だと思うけど…  自分が無さ過ぎ。

 その手の パターの作りの悪さ ひどさ 安っぽさ
  殆んど 人間の手が入っていない粗さ……

 ゴルフに限らず 道具を見る目 があれば 使えない筈 なんだけど