僕は クラブ扱いは ベクトル探し で勝負が決まる と思っています

ベクトル とは どこかの方向を指す 直線です

 スウィングもクラブも立体ですから

  その ベクトル は 立体的なモノです


 ベクトルの 天敵は 曲線 です

ベクトルは 曲線には 絶対勝つことが出来ません。

ゴルフクラブ 特にボールと触れるヘッド部には

ボールを拾い 飛ばし 上げ 曲げ 回転させ 止め  る構造を持った

 ロフト角度 と ライ角度 というのがありますが

その関係は 十字の関係 水平と垂直の関係 です。

そして 地面に有るボールを効率よく 安定して 打つために

ゴルフクラブを動かす人間の姿勢には前傾というものが付いてきます。

残念ながら 前傾を無くしてしまった方が 簡単に

 そして 効率良くなる という方法論は僕には一つも見つかりません。

  (そのような 方法があるのであれば 是非 お知らせください)


また ヘッドには 効率良く 安定して ボールを飛ばすために

 重心位置 という 打撃部分とそれを持つ軸棒とに 位置のずれがあります


  … それが一直線の方が良いのでは  と思っている限り
    絶対に「ゴルフクラブ」扱いは上手くなりません
    練習を 人一倍 し続けて下さい   体壊さないようにね。

 そのズレは 色々な意味で 非常に大切で
そのズレが ゴルフスウィングを形成している
そのズレをいかに有効に活かし そのズレに体を動か「させる」か
 そこら辺が 勝負の分かれ目になるのだと思います。

 打撃の下ごしらえ 下準備の時点では
  その重心位置のずれがスウィングを作りますが
   打撃そのモノに近づくと シャフトの運動性がそれを消します
     あ……勿論 正しく使えば ですが
IMGA0239


ゴルフクラブの重心距離 は
 カマキリや桑の様に 外に落ちているのではありません
  自分の方に向いているのです

 昨日の動き バックフェースの向きにヘッドを動かしていく
  アドレス時のコッキングアングルを保ち
   シフトし 右足の直立脚/軸足を作り
    お尻 骨盤 秀二の向きを変えると

   だんだんと ヘッドの先が自分の方に近づきたがり…
 それに 伴い クラブヘッド クラブそのモノが 上方向に
  動きたがりませんか…


   バックフェースの向きに沿って…
  トゥが重たい縦の動きに任せて…

 体の向きが終わりを迎えると バックフェースの向きと行き先がなくなり
  そして 回転運動が揃って終わりを迎えませんか

        それでは また24時間後…