インサイドアウト   …クラブヘッドの作る軌道の概念は
 理解して頂けただろうか 
  
 しつこいようだけれど これを間違いて理解すると 
           これから先の話は全く意味しないし
クラブを寝かして 体の右側から左側へと 体の動きよりクラブを遅らせ
のちほど 体の動きを追い越して 腕さばきで作るヘッド軌道 をしている限り
例え スクラッチプレイヤーであっても 日本アマに出場していようと
 単なる偶然を 尋常でない練習量で 続けているだけである。

 平均的なゴルファーの練習量と体力では
  今出た「ナイスショット」をもう一度行う事は
   単なる 4個のサイコロの目が全部 1 を2連続出すようトライしている
    そんな行為になってしまう
      それは何故なのか 少しずつ解説していこう。


良く耳にする言葉で
 多くのアマチュアが悩む スライス

  その原因は ファースが右を向いている(開いている)から

  ヘッド軌道がアウトサイドインだから

    「知ったか振りの人」が言う 二つの原因である

検証してみよう
 フェースが右を向いている → スライス
そうなのならば フェースが左を向いている → フック となる訳で
右に出た球はスライス、左に出た球はフック という事になる。

 しかし 実際には 右に出てのフック そして スライス
 左に出てのフック、そして スライス と大きく分けると4種類の球筋が
 発生する。 上の理論では世の中の球筋は2種類になってしまう…

次にアウトサイドイン だから スライス
インサイドアウトだから フック
 で この イン とか アウト は何を基準にしているか というと
多分 その「知ったか振り」の人達は飛球線に対して言っているのでは
無いだろうか…
で この飛球線は 単にアドレス時のボールとターゲットを結んだ線 なのか
それとも それぞれの人のアドレスの例えば脚 靴 かかと つま先 そう行ったものと平行のラインを指すのか… はっきりしない。

正しくクラブを扱っている人にも 微妙に オープンスタンスだったり
クローズスタンス だったりするし、つま先で有れば 両足(靴)の開きも
人それぞれ 結構バラバラである。

僕の知る限り アドレス時 ターゲットラインに平行に立てている人を
見るのは 砂丘で針を見つけるよりも少ない確率、
 殆んどの人が その両足のつま先の開きが左右異なるのに
  つま先をターゲットに揃えようとしている。
   アドレスは 色々な理由で 左のつま先を方を少し開く事が多い
    その両つま先をターゲットと平行にすると
     その度合いにもよるけれど かなりのクローズスタンスになる
   → 右を向いている とも言うけれど…
    話は大分逸れてきたけれど 大切だから続けます
   
 スタンスは 両脚のかかと で揃えるようにして下さい
  つま先で揃えるのなら それぞれのつま先の開き具合と良く相談して下さい

 スタンスは理想的には やや オープン(両かかと)がお薦めです。





飛球線を軸とした ターゲットライン
 これはこれで 大切ですが クラブヘッドの軌道 との関係は
  あまり重要ではありません。   忘れて下さい


前の記事で説明した インサイドアウト は
 クラブの長さの変化(上から見た状態で) による ヘッド軌道の見え方で
  ボールを基準とすると 左の方が体からヘッドが離れ
   右の方が体に近い所を通る  から インサイドアウト のように
    み え る だけで
   軌道そのモノは 自分の体の向きによって作られるので
  正しく横に動かす という意味では
 長さによる見え方を除けば一定なのです  分りますか

      それでは また24時間後にお会いしましょう