すごく お伝えするニュアンスが難しいのですが
「ゴルフクラブに何を求めているのか」によって対処も変わってくると思います
何度も書いている事ですが
自分の時間軸 「未来の時間の座標」みたいなモノを
どこにおくのか という事が重要になるでしょう。



今 現在のお使いのクラブ 例えば
現在主流のクラブ の平均的なものだとします。

アイアンで  #5 37.5インチ (スチールシャフト)
 ヘッド重量 250g前後  振動数310cpm
    ……スチールの非常に平均的なスペックです


このようなスペックを使ってきた方が
 オーダーメイドクラブに変えたことにより
「直ぐに」 スコアが良くなったり 距離が出たり
良い弾道になったり スライスボールが解消したりするのには

上記スペックを元にし
 すこ〜し ヘッドを重くし すこ〜し 柔らかくした
現在のスウィングやクラブ扱いを基本とした クラブを作ることになります


半面 そのスペックでは 時間的には 割に早く答えも出ますが
賞味期限も短く それに慣れ  徐々に自分に体力が落ちてしまえば
結局は すこし 症状を先送りしただけで
おなじ状態に近い将来陥ります。


その原因は 自分にとって シャフトを稼働させられる 重さや硬さ
たとえば 振動数 230以下 なのに  300を270に しただけだから
無理していたのを 少し無理するに変えただけ だからです。
320 → 270 にしたので 楽にはなりますが
人間は 本来 ナマケモノ ですから すぐに慣れます。

 お金と時間に余裕があるのなら スウィングなんて考えず
 毎年 10ずつ 振動数を落とし 5gずつヘッド重量を増やしていけば
 10年で このインパクトが作れるのではないでしょうか…
鼓笛隊 モデルケース-158フレームショット



かといって  いきなり  
  (番手ではなく 同じ長さ 37.5=#6グラファイトの場合)
  ヘッド重量  285g強 振動数200cpm

と まったく違う 別のスポーツの道具のようなモノを
打っても まず 満足いくような距離も弾道も当たりも打てません

初めて 動かさなくても 動く
しならせなくとも しなる シャフトに出会い
しかも そのクラブが 10%以上も重いヘッドが付いているんです。

 しならないクラブをしならせる
この行為を そのまま しなるクラブに流用すれば
その行為そのものが ロフトを開き ロフトを閉じる という動きなので
しならないシャフトの場合 その 開き 閉じ はどちらも少なくても
済みますが しなるシャフトの場合は倍増します。
その行為は 腕回りの筋力によって行われますので
その負担も増大 20度開いて20度閉じる 動きが
 100cpmも振動数が落ち 30gもヘッド重量が増えた
クラブで行えば 80度開き 80度閉じる のような動きになりますから
10度のドライバーが 30度のドライバーになってしまいます
デカイヘッド 長い重心距離 のクラブを概ね採用しますので
 重た〜い キャデラックのリムジンで
  雨の峠道の下りを攻めるようなモノですから
   タイムトライアルなら 予選落ち確実
    事故しなければ 儲けものです。

その動かし方を変えたい
  →運動性能や筋力に依存したくない
   →だから クラブを変えるのに
    →その方法が変わっていない状態で結果を追い求めては
     何の意味が合って クラブを替えたのか わかりません。


この手のクラブにする場合の方の大半は
柔らかいシャフト 重いヘッドを使うことによって
すこし長い時間は掛かっても その使い方を未来のどこかで
覚え もう少し遠い未来に目標 座標を定めています。

 これを使えば 余程 勘が良いか 運動センスが無い限り
 スライスは増し シャンクは増え ダフリやトップも増えるでしょう。
距離や方向も打たなければ 分りませんから スコアはボロボロ…
目先の目標は捨てない限り 短時間には何も達成されません。
高額な 「オーダーメイド」クラブを 自分用に 作ったのに
 スコアは増大 飛距離は減少  …  辛いですよね。

また ハミングバードのクラブは
 出来る限り ドライバーからパターまで 同じ流れを作ります。
  意図的な操作(僕の)を除き
   
   同じタイミング 同じ重量感 同じ感覚
 
     そして 同じ方法で ボールが打てる 様に

 「セット」 になるように 作ります。


 今まで ウッドはウッド アイアンはアイアン
   ウッドはこう打って アイアンはこう打つ

 そうしなければ ならない原因は
  ウッドとアイアンが 何か違うから…
    
 硬さ だったり ヘッド重量感 だったり タイミング だったり

 違うから 打つ自分が調整しなければ 「ならない」ので
  仕 方 が な い か ら や っ て い た の で す。

 そんな経験を積まれてきた方に
  意外かもしれませんが ちゃんとした「セット」を渡すと
   ウッドは打てるけど アイアンが…    とか その逆とか
    という事になります。

IMGA0239


  勘違いしている方も多いようですが
 僕の 本職は 大人のおもちゃ屋 です。

         …くれぐれもヘンな想像はしないように!

ゴルフクラブという 大人のおもちゃを提供し
 色々な意味で 皆さんに 楽しんで頂きたいだけで
    地味な エンターテイナー なのです。
     それによって 少しでも 有意義な 楽しい 幸せな
      そんな時間を体験し 日々の活力になってくれれば幸いです。
   

 ブログやHPには スウィングのこと  クラブ扱いのこと を
  七面倒臭く 理屈っぽく 書いていますが
   悩んでいるお客様    それにも色々な悩みがある訳で
    その 多種多様な悩みに 対処できるように
     色々と書いているだけです
      ちっとでも 参考になれば それで良いんです。

  こう動け とか こうしろ なんて 究極にはどうでも良いと思います。
 別に 大人がゴルフクラブという おもちゃで遊んでいる訳
それで どう楽しもう と それは それぞれの方の自由で
なん人たりとも 干渉することは出来ません。

楽しめること 体を痛めない事 ながく遊べること

 それを満たせるなら 別に他人に迷惑かけなければ
   大人のマナー 遊びのたしなみ が出来るのであれば
     誰に何と言われようが 思われようが 関係有りません。



僕個人が  あくまでも 僕個人が 考える

 ゴルフクラブ という「オトナのおもちゃ」

  その中では 僕の作るクラブが 世界最高のおもちゃ である

   と勝手に思っているだけで

    その「おもちゃ」を使ってみたい人だけに

     それを提供しているだけです



だから 僕にとって 使われる方の結果 が重要なのではなく

 使われる方が その「おもちゃ」で楽しめたのか どうか が重要なのです。