今の時点では明解な「言葉」には出来ない
でも なんとなく ニュアンスを感じ取って欲しい

今 この時点で 僕の頭の中には
人間が行う クラブの縦の動き 自分の縦の動き は

  一 切 無 い と 思 っ て い る


ゴルフスウィングの アドレス時に存在する
 
  前 傾 姿 勢 を 維 持 す る こ と

それ そのモノが ゴルフの縦の動き なんだと思う


多くのゴルファーが陥るミス の原因に
視覚的に ヘッドの作り出す円弧が 完全な水平運動では無い事だ


もう一度 非常に重要だから
ボールの高さに対する位置と前傾姿勢を振り返ってみよう

是非 ボールを持ってきて
  目の前の机の上に置いて欲しい

その前で アドレス姿勢を取って欲しい

机の高さは 平均的に 70〜80センチだから
 「直立」する体に対しては 膝なり 太もも の高さの筈。


でも アドレスすると そのボールの高さの感じはどう感じますか


lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット

そのボールの高さ って自分の胸位の高さに感じませんか

自分のグリップしているコブシの方が
 ボールよりも低い所にある感覚 ありませんか

実際に 打つ場合のボールは
 その胸の高さから 机の高さ分 低い 股ぐらなり 太ももの 高さに
  あるんです 前傾した上半身にとっては




でも でも テークアウェイ時   テークバック時


クラブを 上げる 必要 を感じるでしょ

   ここに クラブの形状

       重心の位置  と

       前傾姿勢の秘密 が隠れんているんじゃないですか



お客様から こんな「つぶやき」メールも来ています

人がした縦の動きは、全てロフト 増 になるようです

思うんですけど、
アドレスの上半身の形とインパクトの形
ヘッドの重さ分の遅れが違うだけ・・・・

ということは、「上半身はその形のまま (意図的には) 動かさない」 のではないかと・・・・
変な表現 その形を維持する仕事をするのが肘の関節では・・・・
上半身が維持されていると、いきなり左を向く回転ではインパクト出来ないし・・・
下半身は左にシフトする 粘りのある うごきになりやすいし・・・・

動かしたぶんは全てミスの原因となるのでは・・・・????

こう見えても私は人一倍欲深いタイプ
いい思いが出来るならと、あれもこれも練習でトライしました
しかし、自分が何かした打撃方法は 結果的には ヘッドが振られてしまい
ヘッドの重さ分の遅れが消えてしまう・・・・
グリップよりも ちよっと 遅れてくれるだけで ボールはつぶれるのに・・・・

H.I.O. さんのスイングもよくみてみると・・・・・

ひょっとしたら・・・・なんにもしないのか

いやいや、妄想 妄想!