ゴルフの基本は

自然を慈しみ

他人を尊重し

ゴルフの出来る環境に感謝し

モノを大切にし

時を大切にし

一打 一球を大切にすること



 これを守れないとすれば
ゴルフで 単なる「暇つぶし」をしているだけになってしまう

この基本を守るのには
 まず 「自分を愛する、大切にする」ことが基本になる

遠い記憶なので 曖昧だけれど
自分を ちゃんと愛せない人は 他人をちゃんと愛することが出来ない
故に 自分が愛されること ばかりを追いかけることになる

自分をちゃんと愛せない人は
自分に自信が持てないので 持ちモノやお金で
自分ではない 自分以外のもので「鎧」を身につけたくなる

自分以外の 「モノ」 が個性を表現していると思うようになる


HPやブログを開設する前は
ネット上のあまり良くない噂を聞いていても
少なくとも 「ゴルフ」 をする人は
平均値よりも 社会性が高く 大人(紳士)である筈と認識していた

でも 蓋を開けてみると
 正しくゴルフをしている人は少ないと分った。
正しくゴルフをする は上手い とか 飛ぶ とか スコアが良い
という意味では無く
ちゃんと ゴルフをする意味合いを理解し
ゴルフを楽しんでいる 人のことを指すけれど
それも 年々 減少傾向にあると分った。



正しく自分を愛せる人は まず他人を愛する、認める。
それが 巡り巡って 自分が愛され 自分が認められる と知っている

でも 自分を「正しく」愛せていない人は
 まず 自分を愛して! 自分を認めて! が先になってしまう
  それでは 誰からも 本当に愛して貰えないし 認めて貰えない


堅苦しい話になってしまったけれど
 実は ゴルフにおける クラブ扱いの原点 基本はそこにあると思っている