実はね 最近気付いたんだけど
僕がここに至るまでの経緯や原点って 前にも書いたけど
「ライトアングル」でしょ。 アレって「リリース」する事の
練習器具なんだけど 具体的には「利き腕」「利き肘」の使い方の練習器。

そこに 僕自身が囚われていたんだと思う

一般的な ゴルファーの悩みの諸悪の根源は
 僕は 「左肩を支点とした振り子の動き」 だと思う

でも その動きも 何かのきっかけや理由で
 必然で 必要不可欠 で行っている と言うか

  行わないと ボールを打つ事 飛ばす事 当てる事が出来ない

のだと 思う。  仕方がないから 行っているのだと思う。


実は その原因の一つが 利き腕の肘を曲げる 事なんだと思う

 言葉遊び みたいになってしまうけれど

 利き腕の肘は曲がる けど 曲げる んじゃないような気がする。


ゴルフを関係なく 肘を曲げる と言う言葉に反応し
 人間が動作をすれば 大体の人が 肘を曲げる為
  手のひら コブシの部分を上げ 結果 肘を曲げる と思う


テークアウェイ テークバック で

  利き腕の肘を曲げる もしくは たたむ

って 脳内の指示を出せば 基本的には上記の動きをする事になるのでは?

 肘を下に向けて曲げれば クラブは右に倒れる

 自分の意識の中では クラブヘッドは上げているんだけど

  結果は 上げれば上げるほど ヘッド/クラブは右に倒れるだけ

 右肘を曲げることによって 左手を右に引いてしまうから

  あの 「左肩を支点とした振り子の動き」 が
             無意識のうちに 始まってしまう……



  利き腕の肘を結果 として曲げる方法って

   実は 上腕を上げろ って命令でいいんじゃないかしら

肘から先を ある意味脱力しておいて 利き腕の上腕を上げれば
 クラブや手の重さ によって 結果として 「クランチ」 になる

 右肘が曲がっても 左腕を右に引いていないから

  あの 「左肩を支点とした振り子の動き」 が
             始まらない

  ここが色々な意味での きっかけ なんじゃないかしら…


なんとなく 肘 って 部分の意識を 持ってはいけないんじゃないのかしら
 って 突然 感じるようになったので…


ダウンでの 左肘の引き(左への移動) も
 左の上腕を左 そして 上に 上がれば いいんじゃないの?



   → 最終的には それも 前傾姿勢 と クラブの形が する?


   クラブの縦の動き って前傾姿勢の事を指すの?