お客様より 弾道のサンプル映像が上がってきました

いつもより 高めに スライス気味に打っています。



      8番アイアン です

http://www.youtube.com/watch?v=GLSYXvq4K80


参考にしてみて下さいね


☆ちなみにヘッドスピードの強烈に有るタイプではありません…








 多分 映像を見た方の殆んどは スウィングも気になるだろう…

しかし 特に見て欲しい所がある。

まぁ 既存のハミングバードのお客様にとっては 普通の光景 だと思うが


 この 映像で 使っているクラブは

   8番アイアン  総重量は 411g

      ヘッド重量は ほぼ ☆00g ある

   通常 スチールシャフトのアイアンに装着される

      SW のそれより 非常に 重い

   
  しかも 巷の主流の NS950GH シャフト装着の平均的な

    Sシャフトの8番アイアンより 振動数で言うと

  1 0 0 c p m 近く 柔らかい 


  だいたい 振動数10cpm が ワンフレックス だから

 (違う性格の 違うシャフトだから 単純比較は 無意味かもしれないけど)

      10フレックス 以上違う事になる

  NS950 を S とすると   これは いったいに何に値するのか?

  S → SR → R → AR  → A → AL → L → LL →

    LLL → LLLL → LLLLL

  無理に細かくしても 4L? 5L? 

  普通表記では S R L ... ここから先が無い……。



    10フレックス 100cpm 柔らかいモノを

  非常識な ヘッド重量 スウィングウエイト で 打っている ?



  アレ シャフト ブニャ ブニャ  ブヨブヨ の筈?




   しなって見えませんよね?!  



  コレ Sフレックス って言っても 信じますよねぇ〜
   
        この映像 4倍遅いんですよ