硬いシャフトを使うと ボールを右に置く

 これは ある意味 必然 で 仕方無いだろう…


たぶん これによる 直接的な弊害は ドライバーだろう
人によっては アイアンとドライバーでは30センチ近く 
ボールの位置が違う。  まさか タイガーウッズ選手のように
ドライバーでもボールを真ん中に置く人は少ないだろう。

アイアンでは 右足のかかと

ドライバーでは 左足のかかと


これを 同じ振り方 同じタイミングで振れ って言うのは残酷だ

だから 大体 そういうボールの位置の人は

 アイアンは上から打ち  ドライバーは払って打つ と思っている


 ここで ちょっと 話がそれるけれど
僕が見る限り ボールを上から打つ という意味を
チャント捉えている人 あまり見たことがない。

 トップオブスウィングでは ヘッドは2メートル以上の高さ
  ボールは地面……  上から打つに決まっている
            …逆に 下から打つ のを見せて欲しい

本当の意味での 上から打つ
って言うのは フェース面がボールを上から見て 入ってくる事 と
一番ヘッドが高くなった 「そこ」から打ちなさい って意味。



で 話は戻るけど 硬いシャフト を上手く打つには
 ボールを右に置く   ワンパターンだけど こういう人は
  大概 ヘッド軌道は「インサイドアウト」が正しい信仰を持っている。
    …右に置いたボールを 俗に言う「アウトサイドイン」で打ったら
    ボールは自分の左脚のすねに向かって飛んでしまうと思うけど…

ボールを右に置く そこへ行き着いた過程で
 過酷な「スライス」との闘争があったからだと思うけど…
  
 硬いシャフト → しならないシャフトをしならせて打つ

 ボールを右に置いて インサイドから打ったら どうなるんだろう


ボールを右に置くと 下に対するボールへの「届き」も満たされるし
 偽装の「ハンドファースト」も満たされる
  ボールも拾えるし ボールもつかまる? かも知れないけれど
   ゴルフクラブは 両手の長さが同じになる 体の正面でしか
    クラブファースは正面(飛球方向)を向かない

   ボールを右に置けば ボールは右にしか飛びで無い筈 …
なんだが…  しかも そのボールに対し 意図的にインサイドから入れようと
したら 余計 ボールは 右に  スライスしなくとも 右に飛び出る筈…


そこを 工夫 するのだ

体を早い段階で 左に向け(腰を切り)
 本来 アドレスに対し 右に飛び出る筈のボールを
  インパクトまでに 体を思いっきり 左に向けることによって
   アドレス時での右を移動させ

    目標方向に飛びださせる…

      左向いてホイ!  あっち向いてホイ!


              ハァ〜 奇奇怪怪。


この方法が 平均的な現代のゴルファーの実体である

 運動性能が高く インサイドから ヘッドターン(ローテーション)出来る
  熟練者や若い人は 通称 飛ばし屋と呼ばれ

  ヘッドターンできない人は ポッコーン と打つ

      その差でしかない


しかも 硬いシャフトは度を超え
 年齢や体力 に関係なく 更に硬くする傾向にある

  それは ゴルフを破滅へと追い込む

 軽量スチールシャフトアイアン全盛の時代に突入した…

 それにより その個々のゴルファーの運動性能の差は更に開いてきている

軽量シャフトは シャフト硬度も高い だけでなく

スチールであるだけでなく

 軽量 軽量 軽量 スチールで あるが故に

  ヘッドが軽い 軽い 軽い 軽い


シャフトが硬いのに ヘッドが軽いのだ

 これで 体力や筋力に自信の無い ポッコーンと打っている人が
  どうやって 飛ばせ! と言うのだ
 
   言葉悪く言えば 高齢者や弱者は

    ゴルフを辞めろ やる資格がない と言っているのと同じだ




どの位 ヘッドが軽いか

 カタログから 追っかけてみた

      *NS950 シャフトのシャフト重量は 約100g弱
      ☆新悶絶に装着のGSW9シャフト シャフト重量は52〜54g

   ゼクシオ フォージド NS950装着   #5 約400g

        37.5インチ Rシャフト   振動数 約300cpm

   新悶絶アイアン    GSW9装着   #5 390g位

         38インチ ?シャフト   振動数 約200cpm


    シャフト重量が倍 とは言わないが 40gも違うのに
   総重量はあんまり変わらない…
   スチールシャフトは総じて ウエッヂのシャフトは軽いので
   XXIOクラスのNS950スチール装着のウエッヂは
   新悶絶と総重量が同じか 軽いケースも少なくない
    ちなみに 新悶絶のウエッヂ(SW)は 440gを超える場合もある!

   単純に考えて シャフトの重量差分 新悶絶のヘッドは重い

   振動数が 100cpm も硬い方が40gも軽いヘッドが付いている のだ

   こりゃ ボールを右足の前に置かなければ つかまんないよね。
  これで スライスが出ないのは
   弾道に影響が出るほど の スピン も与えられない だけ……