宿題の答えは、ずばり、

「リズム・テンポ」です。

ゴルフクラブにはそれぞれヘッド重量、シャフト軟度、重心距離・・・・・等々
それぞれのスペックに応じ、
一連の打撃運動中(テークアウェー、切返し、ダウン、インパクト、フォロー)において、
重力加速度によって必然的に生み出される
独特無比な 「リズム・テンポ」 があるのではないでしょうか。

たしかに店長さんから色々教えていただいている、
「秀二」、「スライド」、「肘の使い」、「脳内イメージ」などは
全て人間が操ることができる項目ばかりです。

仮に、これらの人間操作可能項目の全部が完璧に遂行できても、
手にしたクラブが有する 運動の「リズム・テンポ」とずれた動きをしてしまえば、
クラブは正しい性能を発揮してくれないのではないでしょうか。

そして、この「リズム・テンポ」は扱ったその人だけが感じ取れるものですよね。
他人やプロゴルファーや店長さんからも教えてもらうことはできません。

さらに、ヘッドの軽い、シャフトの硬いクラブでは
リズム・テンポは感じ取りにくくなってしまいます。
まして、シャフトが動かないハンマーや 重心距離や重心深度のないヘッドでは
ほとんど感じ取れないのではないでしょうか。

つまり、
1本1本のクラブが発する「リズム・テンポ」を繊細に感じ取り、
その「リズム・テンポ」としっかりと同調させたクラブ使いを人間が行うことで
そのクラブの最大の性能を発揮させることができるのではないでしょうか。
最大の効果は、そのクラブにおける この「リズム・テンポ」は未来永劫、ほぼ不変であることから、
繰り返し同じ動きが簡単に再現できる ということです。



私はこの「リズム・テンポ」をクラブの奏でる「楽曲」と名づけました。
人間は、この「楽曲」の美しさを邪魔することなく、ひたすらハーモニーに徹するだけ。

これからも、世界一美しい「楽曲」を奏でてくれる
このクラブと楽しんで歩んでいきたいと思います




 読めば分ると思いますが
これは 私 店主 の書いた文 では ありません。
ま ある意味 僕の書きたい事を 代筆して貰ったようなモノ ですが…