興味深い質問事項が来たので 更に イタズラ してみます。lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットゴルフクラブにアには ロフト角度とライ角度があるのでこのボールを打ち 正面のキャンバス方向に飛ばすには クラブヘッドを キャンバス方向(飛球線方向)に対し 出来るだけ平行というか 飛球線上を動かないと この状態は ロフト角度とライ角度のせいで かなり複雑です。

決して この画像上の矢印方向には動かしたくありません。
この状態では ボールは空中に有るので ボールと自分方向に対する奥行き
これを一定にしておかないと 手前も奥も打ってしまいますし
ヘッドを沢山 もしくは速く動かせば ボールよりも外 外に遠心力は掛かって行きますから 振り子の円の動き以外にも この矢印方向にはヘッドはあまり
移動させたくありません。

  矢印方向には クラブヘッドを動かさない

この矢印の方向に掛かる遠心力の他にも
 この矢印に対し 垂直な重力も掛かりますから やさしくありません。


実際に 打ってみたのですが
勿論 ヘッドを動かすスピードにもよりけりなのですが
ボールの手前/自分側 そして ボールの上側を空振りするイメージで
ボールに当たります。
ボールを直に打つイメージでは テストした二人とも
ボールの先(奥行きに対する) そして下を打ちます。
自分を軸とした円のイメージが強ければ強いほど その度合いは強くなり
更に 肩周りや腕/手先でクラブを動かすと
あるとあらゆるミスになり 正直怖くて打てません。
出来る限り クラブを持った手や腕はロック 体の動きに任せ
飛球線方向と平行に シフトする事で打つ以外
 現在の ゴルフクラブの構造では ターゲット方向にはボールが飛びません。




imga200

矢印方向に振ったらいけないんだよね
矢印の方向にヘッドを動かすと 手前かボールの奥を打ってしまうんだよね






imga202

これは 画像を元に戻しただけ

ボールは地面に置いてあるけれど
地面のボールに接している部分にティーアップされているのと同じ
あちら側が空中なのと 地中なのの 違いなだけ…

矢印の方向に振っちゃいけないんだよね
この姿勢では 矢印の方向に 更に 遠心力だけじゃなく 重力も掛かるよ!

高くティーアップされたのと 同じイメージを持つのは 始めのセットアップで作られた ヘッドと自分の間合い/距離 を運動中に決して変えない様に しないと 当たらない!
この距離を一定にするのには 腕や肩周りを使って クラブを動かさずに
それが生えている体を動かすしか 他に方法はない!

また高いティーアップされたボールを ゴルフクラブで
 目標方向に打つのには ゴルフクラブはロフト角度とライ角度
  そして 長い棒の先に重さがあるが故に
   出来るだけ円に振ったり ボールの方にヘッドを振ったりすると
    目標方向に飛ばないばかりか 当たらない可能性も高い

確かに この状況で ボールを打つのには適してしない構造では
 あるけれど…   原則的には地面にあるボールも同じでしょ

アドレスは シャフトが90度 地面に垂直になるわけではないけれど
 高いボールは ロフト角度がボールの飛ぶ方向を司り
 地面にあるボールは ライ角度がボールの飛ぶ方向を司る

 ヘッドを振り子のように振ると
  高い所にあるボールは 飛ぶ方向が不安定 になり
   地面にあるボールは 飛ぶ距離(ロフト)が不安定になるのだけれど…


これで より一層 刷毛塗りドリルに対する理解は深まった??
 それとも より混乱したかな?

u=380704500,3118260285&gp=0 この打った後のイメージ わかるかな 一見するとヘッドは高低に対し高くなったように見える…  しかし 前傾のある姿勢を維持したまま 体を左に向けただけ…   インパクトしてから ヘッドを高くも低くも動かしていない      この画像のタイミングは ある意味クラブのスピードの最高速度のすぐ後だから 不可抗力…遠心力等も最大に近い。  でこの位置 上げも下げもしない 体の正面にクラブがあるって 事は… 

 この反対のダウンで クラブを「腕」で上下に動かしていれば
   こうは 成り難い って事が読みとれるかな?

アドレスの姿勢 そのまま左向いただけなのがわかるかな?

これを 体の正面から見ていると
 「あぁ〜 良く腕が返ってるな〜」 とか言う人いるよね
体があっちを向いただけなのに…。